新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

NFTスワップ注文詐欺:回避する方法

読む 5 min
Expert
重要なポイント
—NFTスワップ注文は、ピアツーピア(対等な関係にある端末同士を直接接続して行う通信)方式で、非代替可能資産を取引する一般的な方法です。

—しかし、一般的なスワップ注文インターフェイスでは、重要な詳細が一部表示されないため、ユーザーに誤った安心感を与え、詐欺の機会を生み出します。

—この記事では、古典的なNFTスワップオーダー詐欺の手口についてご説明します。それにより、接触を避けることができます。

2022年9月、NFTの常連トレーダーが、Web 3.0空間における最新の詐欺の被害に遭いました。 被害者はNFTスワップに同意しましたが、だまされて偽のトークンを受け取ることに同意し、代わりに貴重なMAYCトークンを失いました。

NFTスワップ注文詐欺ははびこっていますが、それを回避する鍵は、何に注意するべきかを知ることです。 そこでこの記事では、詐欺の手口をご説明し、その仕組みを正確にご説明し、危険信号を示しますので、同じ方法でNFTを失うのを回避できるようになります。

NFTスワップ注文詐欺の説明

ピアツーピアのNFT取引は、暗号資産市場に登場した最新オプションの1つです。これにより、ユーザーは中央プロトコルを使用せずに、ウォレット間で直接スワップを行えます。 NFTTraderやSudoswapなどのプラットフォームでは、スワップ注文と呼ばれるものを介して、安全な方法でNFTスワップができます。

NFTスワップ注文とは?

スワップ注文は、NFTのスワップを希望する人なら誰でも作成できる、カスタマイズされた取引です。 スワップ注文に署名することで、そこに含まれるあらゆる指示に許可を与えることになります。この場合は、ウォレットから特定のNFTを取得する許可です。

スワップ注文を使用すると、NFTをユーザーのウォレット間で直接取引できます。取引は、別のNFT、暗号資産、または両方が混合したもののいずれかになります。 取引の正確な条件は、注文を作成した人によって決定されます。

スワップ注文が作成されると、取引の完全な詳細を含む独自のページが作成されます。これには、取引されるトークンの写真、トークンのホストスマートコントラクトを示すOpenSeaページへのリンク、およびそのスマートコントラクトの完全な詳細を示すEtherescanページへのリンクが含まれます。

詐欺はどのように行われたのか?

この場合、被害者は、詐欺師からプライベートメッセージで直接連絡を受けました。 詐欺師は、2つのMAYCトークン間のスワップを提案し、取引の一部として追加のETHを少量投入することを自発的に申し出ました。 その後詐欺師は、スワップ注文を作成し、コードを被害者に送信しました。 これは、詐欺師が生成したスワップページです。

ページの左側には、詐欺師が取引していた資産が表示されます。理論的には、合意どおり、MAYCと一部のETHです。 右側は、被害者が取引していたものを示しています。

隠された詳細

スワップページはクリアで透明に見えますが、表示されていない詳細がたくさんあります.

例えば、受信NFTがどのコレクションから来ているかについては、実際には何も証明されていません。 どんな画像でも、ブロックチェーン上に作成できることを覚えておいてください。それが本物のコレクションからのものであることを本当に確認する唯一の方法は、基礎となるスマートコントラクトを調べることです。 これは、ページ内のEtherscan埋め込みをクリックすることで実行できます。

Etherscanのスマートコントラクトの詳細を見ると、このスワップに関する、大きな危険信号が複数明らかになります。

  • まったく新しいスマートコントラクト:偽のNFTは、スワップの直前に作成されたスマートコントラクトに属していました。本物のMAYCコレクションは、2021年8月に最初にミントされました。
  • 名前のつづりが間違っている:NFT契約名につづりの誤りがありました。これは、本当の取引ではなかったという確かな印です。

Etherscanを使用してトークンをクロスチェック(複数の視点や資料から確認)しなかったことで、買い手は詐欺を検出する重要な機会を逃し、MAYCをその価値の何分の1かで、事実上売却しました(取引のETHの投入要素は、SudoSwapプロトコルにより有効でした)。

詐欺の概要

これで、関連するすべての状況が把握できました。では次に、この詐欺の仕組みはなんだったのか、そして、購入者であるあなたが、自分でそれを回避するには、どのような手段を使用できるのかを正確にもう一度まとめてみましょう。

  • スワップ注文は、NFT取引を提案する人によって作成される
  • 注文ページにNFT画像が表示されるが、スマートコントラクト情報は表示されない
  • 詐欺師は、本物のコレクションの画像を使用して、偽のNFTを作成する
  • 偽のNFT(本物に見える)がスワップページに表示され、正規のものに見える
  • 信頼しきっている購入者はそれ以上精査せず、詐欺のものを確定してしまう

NFTスワップ注文詐欺を回避する方法

Web 3.0は詐欺やごまかしでいっぱいですが、素晴らしいニュースがあります。それは、すべてがチェーン上に存在するということです。そのため、あなたには今まで以上に力があり、自ら舞台裏を見て、購入するものを正確にチェックすることが可能です。

この詐欺を自分で見つける方法をいくつかご紹介します。

スワップする際は、常にEtherscanを使用して次のことを行いましょう。

  • コントラクトの作成日またはトークンが最初にミント(発行)された日付を確認して、実際のコレクションと一致することを確認する
  • トランザクションアクティビティをチェックして、取引量が大きなコレクションに期待されるものと一致するかどうかを確認する
  • コントラクトIDをプロジェクトの公式サイトまたはOpenseaと照合して、Etherscanページ自体が本物であることを確認する
  • コントラクトページの名前にスペルミスがないか確認する

学び続け、安全を確保

Web 3.0の賑やかな価値のインターネットは、新しいオプションに満ちた世界を提示し、それらすべてにウォレットから直接アクセスできます。 しかしここでは、あなたが苦労して獲得した暗号通貨が常に危険にさらされています。さらに、間違っても「元に戻す」ボタンがありません.

そのため、どのような種類の詐欺が展開されているか、またそれらをどのように発見するのかを理解することが、これまで以上に重要になっています。 私たちは常にそのサポートをいたします。

Ledger Academy専用の詐欺用語集へようこそ。これは、Web 3.0を安全にナビゲートするための重要なリソースです。 それでは、また次回にお会いしましょう。

知識は力なり


Stay in touch

Announcements can be found in our blog. Press contact:
[email protected]

Subscribe to our
newsletter

New coins supported, blog updates and exclusive offers directly in your inbox


Your email address will only be used to send you our newsletter, as well as updates and offers. You can unsubscribe at any time using the link included in the newsletter.

Learn more about how we manage your data and your rights.