基礎

経路 1. 暗号資産について

チャプター 5/6

最初の暗号資産を購入する:ガイド

1月 24, 2022
はじめての暗号資産を購入する
重要なポイント:
— 暗号資産は均質ではなく、実際には膨大な数のコインとトークンが存在します。最初の仕事は、どのコインとトークンを購入し、それらから何を得たいのかを見極めることです。

— しっかり見極めましょう! 暗号資産の世界は新しいプロジェクトやチャンスに満ちていますが、それらの中には詐欺や偽物も多くあり、自己の責任でリサーチを行わなければならないことを覚えておいてください。

— 好きな通貨を、好きな分だけ1コイン以下から購入することができます。

— 鍵を持たぬ者は、コインを持たず。 これは、暗号資産の保管方法を決定するときに覚えておくべき、最も重要な言葉です。

基本的な情報は理解できたのではないでしょうか。今度は実際に参加してみましょう。 暗号資産の旅における、最初のステップへようこそ。 初めての暗号資産の購入についてお話ししましょう。

暗号資産のことは少し理解できたけど、いざ購入するとなると訳が分からない・・・という方も心配はご無用。不安に思うのも当然です。 大丈夫、コインやトークンを所有するまでの(重要な)ステップはたった1つしかありません。 次のステップは、暗号資産との最初の関わりを定義するためにとても重要です。正しいスタートを切りましょう。

どの暗号資産を買うべきか

まず、1つはっきりさせておきましょう。暗号資産においては、自分の資産で何をしたいか、したくないかを決定するのは所有者たった1人だけです。 暗号資産はあなたに自由と力を与え、それゆえ責任も与えます。 以前の記事で説明したように、暗号資産には何千もの種類があり、それぞれに独自のルール、価値、そして性能があります。 だからこそ、初めて暗号資産を購入する際に最も重要なのは、自分でリサーチを行うことです。

十分な情報に基づいた選択を行えるよう、暗号資産プロジェクトをリサーチする際に最適なアプローチをご紹介します。

Bitcoin、アルトコイン、トークン

暗号資産プロジェクトのリサーチ方法

前に説明したように、暗号資産はBitcoin、アルトコイン、トークンという3つのカテゴリーに大別されます。 これらは、あなたが購入を検討する可能性のある3つの主要なカテゴリーであり、システム全体の大まかな概要が示されています。 しかし、これらのカテゴリーの中には、文字通り何千もの選択肢があり、新しいプロジェクトも日々誕生しています。

知っておくべきリスク

暗号資産が提供する分散型の環境は、多かれ少なかれ誰でもプロジェクトを開発し立ち上げることができるので、イノベーションの素晴らしい温床となります。 つまり、実際に購入を検討する際には、信じられないほどの選択肢が存在するということです。 そして、誰でもプロジェクトを立ち上げられるこの空間は、計画的な詐欺を実行するのに最適な場所でもあります。

その典型的な例として、ラグプル(Rug pul)が挙げられます。 これは、お金を儲けるという明確な意図を持って設立されたプロジェクト(コインまたはトークン)であり、そのプロジェクトの開発者は、通貨の価値を釣り上げるために(あなたや私のような)投資者が参加してくるのを待つのです。 これが起こった場合、開発チームは所有しているトークンを一度に売却し、プロジェクトからすべての資金(あなたを含む投資者から集められた資金)を抜いてしまいます。投資者の手元に残るのは、もう大した価値のないトークンだけです。

ラグプル(ラグを引っ張る)とは、まさにその名の通り、コミュニティの足元からラグを引っ張り出すようなプロジェクトを意味します。 また、暗号資産では、プロジェクトを立ち上げるためにテストや監査に合格する必要がないため、この種の詐欺はまったく珍しいものではありません。 つまり誰でも、自分たちが正当かつ信頼できるプラットフォームであると主張できるということです。

リソースと質問事項

では、自分でプロジェクトを評価するにはどうしたらいいのでしょうか?

ホワイトペーパーを読む

まず手始めに、ほぼすべての合法的な暗号資産には目的とビジョンがあるため、あるプロジェクトに興味が湧いたときは、そのプロジェクトも目的とビジョンがどのようなものであるか(そもそもそれらは存在するのか)を確認することが重要なデータポイントの1つになります。 これは、ホワイトペーパーと呼ばれる参照文書を読むことによって可能であり、暗号資産プロジェクトのポテンシャルを評価するには必要不可欠です。 このドキュメントを読み、プロジェクトの実現性を評価するには、大きく2つのポイントに注目する必要があります。

  • プロジェクトは既存の問題を解決しようとしており、暗号資産のエコシステムにとって有用か?
  • プロジェクトが機能し、目標を達成するために、本当に独自の暗号資産トークンが必要なのか?

プロジェクトのDiscordに参加する

また、Discordのコミュニティサーバーに参加することで、プロジェクトの状況を把握することができます。 ここでは、開発者に直接質問し、プロジェクトの今後の展望、作成者の信頼性などをプロファイリングすることができます。 また、既存のコミュニティとやり取りして、プロジェクトや今後の開発に関する独占的な情報を入手することもできます。

ほとんどのプロジェクトのDiscordのリンクは、メインページやTwitterのプロフィールにも掲載されていますが、プラットフォームの使い方を深く理解したい場合は、こちらの記事をぜひ参照してください!

結局のところ、暗号資産プロジェクトが目的を達成できるかどうかを知ることはできません。 しかし、明確な計画と熱心なコミュニティ、そしてレスポンスの良い開発チームがあるのであれば、そのプロジェクトの将来には期待が持てるかもしれません。

知名度の高い暗号資産はすでにその価値を証明していますが、小規模な暗号資産プロジェクトの場合はリサーチが非常に重要になります。 これらのプロジェクトはスタートアップ企業と同じで、価値が飛躍的に上がる可能性を秘めている半面、まだまだ脆弱なためです。 簡単に言うと、悪い選択というものはなく、あるのは1つの普遍的なルールです。それは、十分な知識を得た上で、自分が強く信じる暗号資産だけを購入すべきだということです。

1コイン以上購入しなければなりませんか?

さて。 あなたはリサーチの結果、あるプロジェクトが明確な計画を持ち、信用に値すると判断しました。 次の質問は、どのくらい購入するかです。

1コイン以上買わなければなりませんか? いいえ! 知らない人も多いのですが、コインは1枚以下で購入することも可能です。 ほとんどの暗号資産は、0.5コイン、0.25コインなど、細かい単位で購入できるようになっています。 セントに分割できるドルのようなフィアット通貨と同様、暗号資産も分割できるため、少額から購入することが可能です。 1枚のBitcoinは、1米ドルよりもはるかに大きな可分性を有しています。 ドルは100分の1にしか分割できませんが、Bitcoinは、1BTCの1億分の1である「Satoshi」という単位で分割することができます。

クレジット:myyri.com

初めてのコインはどこで買うべきでしょうか?

初めて暗号資産を購入する場合、暗号資産取引所が最も一般的かつ便利なサービスでしょう。 取引所は、暗号資産の購入、売却、および取引を分かりやすく行える便利な場所です。 Coinbase、Binance、Changelly、Bittrex、Krakenなどの有名な暗号資産企業の多くは、実際は取引所プラットフォームです。

ほとんどの暗号資産取引所では、銀行送金、クレジットカード、PayPalなどを利用して、フィアット通貨でコインを購入することが可能です。 ただし、よりマイナーな暗号資産を購入したい場合、取引所では扱われていない可能性があります 。 Ethereum(ETH)などの中間プラットフォームを利用し、暗号資産同士の交換を行える暗号資産取引所で、ETHを目的の暗号資産と交換する必要があります。

コインやトークンの購入先については、次の記事でにさらに詳しく説明します。

暗号資産を保護する

暗号資産の売買と取引以外にも、取引所は新たに購入した暗号資産を保管する場所としてよく利用されています。 しかし、暗号資産の保管に関しては、取引所はあまり安全ではなく、自由も制限されます。 資産を取引所に預けたままにしておくと…

大事なデジタル資産が危険な状態に晒されます。

ログイン情報を知ることができれば、誰でもあなたのアカウントにアクセスしてコインを盗み出すことができます。 それに加えて、大量の暗号資産を盗むことができるため、取引所はハッカーにとって格好のターゲットであり、実際に盗まれた事例も数多くあります。

取引所のアカウントにある暗号資産の所有者は、あなたではなく取引所です。

暗号資産を購入することと、所有することには大きな違いがあります。 暗号資産を取引所に預けている間、あなたはその資産の所有者ではなく、取引所があなたに代わって暗号資産を所有しています。これは、銀行にお金を預けているのと変わりません。

あなたは自分の資産をコントロールできないのです。

暗号資産を実際に所有しているのは取引所であり、あなたは自分の資産を完全にコントロールできません。それを完全に自由に使うこともできないのです。 すべては取引所に委ねられています。 このため、取引所では、引き出し最小額・最大額の設定など、暗号資産の操作に対して一定の制限を設ける場合があります。

暗号資産はデジタルマネーであり、物理的にはどこにも存在しないことを忘れないでください。 暗号資産を安全に所有・保管するためには、特定のセキュリティ対策が必要です。 そして、それを実行する責任もあなただけのものです。

Ledgerにお任せください。 自分の暗号資産への完全な権限を提供します。 Ledgerのハードウェアウォレットとワンストップアプリの組み合わせにより、暗号資産に対して最高のセキュリティ、所有権、そしてコントロールを握ることができます。 Ledger Liveアプリを使えば、暗号資産を直接購入、売却、レンディング、およびスワップすることができるため、取引と保管を1つの場所で安全に行うことが可能です。 取引所とは異なり、購入した暗号資産がオンラインプラットフォーム上に危険な状態で放置されることはありません。 取引所とは異なり、あなたは暗号資産の所有者となり、そのすべてをコントロールすることができます。 複雑ですか? 大丈夫、Ledgerがサポートします。

知識は力となります。

暗号資産に興味があり、そのリスクと回避策をしっかりと理解したいのであれば、School of Blockのエピソードをぜひご覧ください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。