コインはどこに存在するのか?

3月 8, 2022
2 分
初級
暗号資産
重要なポイント:
— 暗号資産を所有する場合、実際に所有しているのは秘密鍵です。 コインは「公開鍵/秘密鍵」と紐付けられています。
— コインはどのデバイスにも物理的には存在していません(Ledgerハードウェアウォレットにも存在しません)。
— Ledgerハードウェアウォレットで秘密鍵を安全に保管することで、ご自身が資産の管理者となります。

銀行や組織に慣れ親しんでいる社会では、Self-custody(セルフカストディ)の概念を理解することは難しいかもしれません。ここでは、複雑に見える内容を詳しく解明していきます。方法さえ理解できれば、仕組みはそれほど難しいものではありません。

秘密鍵と公開鍵

当社に届く質問の中で最も一般的なのは、暗号資産の場所に関する疑問です。 暗号資産を所有する場合、実際に所有しているのは秘密鍵です。

秘密鍵は、実際の鍵のようなものです。この鍵の所有者は、紐付く暗号資産を使用する権利を得ます。
暗号資産へのアクセスを提供するという性質のため、その名のとおりプライベートな状態を維持する必要があります。 銀行の金庫の鍵と同様に、この秘密鍵は誰とも共有してはなりません。

秘密鍵のほかに公開鍵(パブリックキー)というものもあります。

公開鍵と秘密鍵の間にはクリプトグラフィックなつながりがあります。 秘密鍵を所有している限り、公開鍵を復元することは可能です。 しかし、公開鍵だけでは秘密鍵を見つけることはできません。

「秘密鍵」と「公開鍵」の2種類が存在することが分かりました。 しかし、これは「コインはどこにあるか」という疑問の答えにはなっていません。

コインはどこに存在するのか?

携帯電話に写真を保存すると、メモリーにファイルが保存されます。 Outlookを使用する場合は、コンピューター上にメールのローカルコピーが保管されます。

暗号資産は物理的にはどこにも存在せず、どのフォルダにも保存されていません。 所有する暗号資産を表す、物理的なモノはないのです。

その代わり、銀行の金庫に一定の金額が入っているのと同じように、公開鍵と関連するコインには関係があります。 ブロックチェーンテクノロジーにより、公開鍵に関連した残高を確認することができます。 コインを移動したり、ステーキングレンディングスワップなどのDeFiトランザクションを実行して残高にアクセスすることが可能です。

この情報は、コンピューティングマシンのネットワーク(例えばBitcoinネットワークの場合は数千台)に分散して複製されます。

コインは私のハードウェアウォレットに入っていますか?

この記事の前編にあるように、答えは明確です。コインはハードウェアウォレットには保存されません。ハードウェアウォレットは秘密鍵のみを保護します。

Knowledge is power. – 知識は力なり

暗号資産の初心者ですか? おめでとうございます。素晴らしい選択をされました。 暗号資産の仕組みに興味がある方は、School of Blockのブロックチェーンの基本に関する動画をご覧ください。動画では金融革命をわかりやすく説明しています。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。