暗号資産の「煽り」とは?

読む 4 分
重要なポイント:
— 煽りとは、地位や評判のある人物がプロジェクトを推進しようと暗号資産を暗に宣伝する行為を指します。
— 通常、煽りを行う人物はプロジェクトに注目を集め、投資家がその暗号資産に殺到するよう、需要を高めて価格を急騰させようとします。
— 煽りの見分け方を知っておくことは重要です。 煽りを行う人物は、インフルエンサー熱心なビジネスマン野心のある創業者などです。
— 煽りにのせられて投資してしまうことのないよう、よく調べ、冷静に判断して賢く投資するようにしましょう。

暗号資産取引の初心者で安全さを求める場合、煽りについて把握しておく必要があります

「史上最高の暗号資産が登場」や、「価格が急騰する前に今すぐ投資せよ」などというアドバイスを見聞きした方もいるかもしれません。 それは、暗号資産の「煽り」かもしれません。 ここでは煽りについて、また、大事なお金を無駄にしないよう気をつけるべきことを見ていきましょう。

そもそも煽りとは?

暗号資産の煽りは簡単に言えば、関係者がプロジェクトの宣伝を行い、資金の持ち逃げ、いわゆる「ラグプル」をすることです。

さらに詳しく言うと、誰かが暗号資産に関して間接的に支持を表明している場合、それは煽りだと言えます。 プロジェクトに関する誇大広告を打つことで、人々に投資させることが最終的な目標です。 人が投資すればするほど、>トークンの需要や>価格が上昇します。

テスラCEOであるイーロン・マス氏がTwitterで、「人々の暗号資産」と呼んだ後、Dogecoinの価格が50%急騰 - Technology News
画像引用元:thank you internet

注意すべき暗号資産の煽り行為とは?

煽りとは、必ずしも「聞いて! いますぐこのトークンに投資するだけで 大金が稼げて、世界も救えるよ!」などと、わかりやすいものとは限りません。暗号資産の煽りは、目立たないことも多いですが、注目すべき点を理解していれば回避できます。注意すべき煽りの特徴:

インフルエンサー

インフルエンサーが必ずしもInstagramにいるとは限らず、全てのインフルエンサーが善人ではありません。 暗号資産の世界では、まるでセレブリティのような存在(暗号資産に限らず)が、特定のプロジェクトに積極的に賛同し、名前を連ねている場合があります。 なぜプロジェクトを支持するのか、必ずしも透明な情報を提供することなく、新旧の投資家に投資を促します。 その有名人は、暗号資産の販売促進のために報酬を得ている可能性があり、プロジェクトに対する実際の理解や関心も、そもそも存在しないかもしれません。

危険信号:それまで市場に関心を持っていた形跡がないにもかかわらず、影響力のある人物が突然暗号資産を支持して、ファンに購入を促している場合。

熱心なビジネスマン

この場合、優れたマーケターであっても、必ずしも技術の専門家ではない人たちに呼びかけが行われます。 煽りを行う人物がトークンに投資し、第三者にも投資を呼びかけます。 人々が殺到し、暗号資産の値が十分上がった時点で呼びかけ人が売り逃げし、巨額の利益を持ち去ります。 これは、パンプ・アンド・ダンプとも呼ばれ、呼びかけ人が売り払った後にプロジェクト価格が突然下落すると、騙された投資家は窮地に立たされます。

危険信号:呼びかけた人が、暗号資産の活用方法や基本機能について話すのではなく、得られる利益を誇張してトークンを宣伝している場合。 こうした煽りを行う人たちは、他の市場における起業家やプロの投資家である場合が多く、取引でお金を稼いでいます。

野心のある創業者やチームメンバー

事業を始めたら、成功したいですよね? 当然です。 これは、暗号資産プロジェクトの創業者やチームも同じです。 そこで、新しい投資家を誘致するためにプロジェクトを宣伝し、注目を集めて資金を調達できるように誇大広告をするのです。 お金をもらっているインフルエンサーや、利益を得ようとするビジネスマンのような悪意がなかったとしても、自身のプロジェクトを誇張している可能性があることを認識しておくことが重要です。

危険信号:十分に文書化されたホワイトペーパーやロードマップを提供せず、チームがプロジェクトの大成功を約束している場合。 中身のない誇大宣伝や焦りが見られる場合は、煽りの可能性があります。

煽りの餌食にならないために

誰かにプロジェクトの投資を勧められた場合、相手がどれほど熱心かはさておき、必ず次の点を確認しましょう。

  • DYOR(自分でリサーチ)し、主観的な感情抜きで重要な事実を把握します。
  • プロジェクトに賛同している人物の詳細を調べ、その人物が暗号資産に関する実績を持っているかどうかを確認します。 基本的なことを把握せずにプロジェクトを宣伝している場合は、注意してください。
  • 周囲が興奮しているからと言って、その熱狂に流されないようにしましょう。 暗号資産に価格変動はつきものです。プロジェクトが魅力的に見えたとしても、ほとんどの場合で修正が必要でしょう。
  • 有名だとしても中身が伴っているとは限らず、有名人の発言も事実とは限りません。

理解した上で暗号資産にアプローチ

暗号資産について知れば知るほど、正しい情報で投資を成功させる可能性も高まります。 注目や投資に値しないプロジェクトを避けることができれば、巨大で魅力的な可能性を秘めています。

暗号資産は規制されていないため、自分自身を守って適切な判断を下し、環境を理解することが重要となります。 詐欺を発見する方法については、ブラインド署名や典型的なラグプルの手法に関する記事をご覧ください。

自分を信頼できますか? 自信を持って取引しましょう。 LedgerのSchool of Blockのエピソード詐欺師の頭の中では、ウォレットを安全に保つために不可欠な情報を提供しています。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]