Polkadotとは?

読む 4 分
Polkadotとは
重要なポイント:
— Polkadotは、1つのネットワーク内で複数のチェーンをサポートするように設計されたプロトコルです。
— Polkadotは、リレーチェーン、パラチェーン、ブリッジの3種類のブロックチェーンを運用するよう設計されています。
PolkadotのNPoS(ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)システムでは、バリデーター(リレーチェーン上でブロックを生成する実際のノード)と、ノミネーター(ノードは稼働せず、ステーキングによってバリデーターを指名する)に対する報酬システムが用意されています。

Polkadotが気になってはいるが、どこから始めれば良いのかお悩みですか? この暗号資産の最新情報を深く掘り下げてみましょう。

Polkadotは、単一のネットワーク内で複数のチェーンをサポートするように設計された、次世代ブロックチェーンプロトコルです。 マルチチェーンプロトコルは、既存のブロックチェーン技術の革命的な前提を基盤としてさらにいくつかの利点を提供し、個人に主導権を戻すように設計されています。

例えば、現在のブロックチェーンでの何百ものブロックチェーンが孤立して存在し、コミュニケーション能力が低いという問題の克服を目指しています。 Polkadotは、ブロックチェーン同士が安全に通信できることを前提に作られています。

Polkadotは、ブロックチェーン分野への最新の参入企業で、EthereumCosmosといったネットワークを超える追加ソリューションでエコシステムを成長させようとしています。 しかし、Polkadotは他のブロックチェーンネットワークと競合するのではなく、共存・相互運用できるように設計されています。

その仕組みとは?

Polkadotは、3種類のブロックチェーンを運用するよう設計されています。 そのうちの1つ、パラチェーンと呼ばれるものは、Polkadotに接続する独立した専用のブロックチェーンです。 ブリッジは、PolkadotをBitcoinやEthereumなどの他のネットワークに接続するブロックチェーンです。 そして最後に、リレーチェーンは、すべてのパラチェーンとブリッジチェーンを共有の相互運用可能なエコシステムにまとめるものです。

Polkadotのリレーチェーンは、同ネットワークのバックボーンです。 これは、ネットワーク全体を保護し、Polkadotのスケーラビリティを高める並列トランザクション処理の基礎を提供するものです。 NPoS(Nominated Proof of Stake)と呼ばれる新しいタイプのProof-of-stakeを使用しており、ネットワークの制御を分散化することでセキュリティ、公平性、効率性を向上させるよう設計されています。

パラチェーンは、リレーチェーンに接続し、Polkadotネットワークにチェーン固有の機能を提供する独立したブロックチェーンです。 各パラチェーンは独自の設計を持つことができ、そのコレーター(Collator)によって維持されます。 コレーターは、パラチェーンのトランザクションをパラチェーンブロック候補に集めてバリデーターに渡す役割を担い、バリデーターはリレーチェーン上のトランザクションを保護および確定します。

もう1つのコンポーネントはパラスレッドであり、これは、パラチェーンスロットを長期リースする代わりに「従量課金」モデルでPolkadotに接続するパラチェーンです。

一方、ブリッジは、BitcoinやEthereumなどの他のブロックチェーンに接続する専用のパラチェーンです。 これらにより、Polkadotと外部ネットワーク間でのトークンと機能の転送が可能になります。

Polkadotネットワークでは、複数のアクターが、ブロックチェーンの運用を維持するためにそれぞれの役割を果たしています。 以下で、各アクターの役割について説明します。

  • バリデーターは、DOTトークンのステーキング、コレーターからの証明の検証、Polkadotリレーチェーン上のブロックの生成、およびコンセンサスへの参加を担います。
  • ノミネーターは、DOTトークンをステーキングし、信頼できるバリデーターを選定することでリレーチェーンのセキュリティを支援します。
  • コレーターは、トランザクションを集めてブロック生成を行い、バリデーターの状態遷移証明書を作成してパラチェーンを維持します。
  • フィッシャーマンは、ネットワークを監視し、悪意のあるアクティビティを報告します。 現時点では、バリデーターがネットワークのフィッシャーマンとしての役割を果たしています。

Polkadotの報酬システム

PolkadotのNPoS(ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)システムでは、バリデータとノミネーターの適切な行動を促すため、「バリデーターが悪意を持った行動をした場合は、ステーキングされているトークンの一部を没収し、誠実かつアクティブに行動したバリデーターとノミネーターには報酬を与える」という報酬制度を設けています。 バリデーターの10%以上がオフラインでネットワークに到達できない場合、ステーキングの一部が没収されるというペナルティが課されます。 この仕組みにより、バリデーターはオンライン状態を維持しようと努め、ネットワークには常にセキュリティおよびデータが提供されます。

NPoS(ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)では、ノミネーターは、オンラインでネットワークのセキュリティに貢献すると思われるバリデーターに投票するため、ノミネーターも報酬を受け取ることができます。 これらのノミネーターは、自分のトークンをステーキングすることでバリデーターを支援し、バリデーターのステーキング量に比例した報酬を受け取ります。 したがってバリデーターは、オンライン状態を維持するためのハードウェアとソフトウェアの保守費用など、運用コストを賄うために固定料金を徴収することも可能です。

トークン所有者は、最大16人のバリデーターを指名でき、アクティブなバリデーターに選出された場合は報酬を共有できます。 さらにバリデータースロットでは、スロットでステーキング数量の最も少ないバリデーターが決定する数量の報酬が均等に与えられます。

ノミネートは、ウォレットからワンクリック操作で実行可能です。 報酬は、Polkadot ExplorerまたはLedger Liveを使用し、手動で請求する必要があります。 同じステーキングプールにアクセスしている人が1人でも報酬を請求すれば、そのステーキングプールにアクセスしている全員に報酬が支払われます。 支払いを請求する人が、ノミネーターの1人である必要もありません。 ステーキング報酬は、発生してから84日以内に請求する必要があります。

ノミネーターはネットワークの重要な役割を担っています。 彼らは、常に変化するバリデーターのグループに細心の注意を払い、その中で最も有能かつ信頼できる者だけがバリデーターとして選出されるようにするという経済的なインセンティブにより、コンセンサスプロトコルに間接的に参加しているのです。

知識は力となります。 ぜひ学習を続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 ブロックチェーンの使い道


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]