ビットコイン半減期 | Ledgerウォレットで最大50ドル相当のビットコインをゲット。

ショップに移動

DeSci:Web3.0テクノロジーが可能にする現代科学

読む 5 分
Medium
重要なポイント
—資金不足から情報の検閲まで、現代の科学インフラストラクチャには、研究と革新を妨げる重大な問題があります。

—分散型科学、またはDeSciは、DAOや非代替トークン(NFT)などのブロックチェーンインフラストラクチャを使用して、これらの問題に対処します。

—DeSciは、研究者のための公平で協力的な環境を促進し、研究者たちが、仲介者に研究による利益を取られずに、研究を公開および共有できるようにします。

官僚的な法律、仲介者、資金をめぐる不必要な摩擦によって、科学が抑圧されているのをよく目にします。 これらのハードルを取り除けば、イノベーションははるかに速くなります。 最近見た典型的な例は、コロナワクチンの開発です。

研究の実施からワクチンの開発まで、科学の成功にはスピードと勢いが重要な要素です。 DeSciは、これらの要因を加速し、科学の主流に持ち込むのに役立つ運動の1つです。

この記事では、DeSciとは何か、DeSciが現代科学をどのように改善できるのかについて深く掘り下げます。

分散型科学(DeSci)とは?

分散型科学(DeSci)は、資金調達、出版、著作権所有など、現代科学を悩ませている重大な問題に対処するためにブロックチェーンツールを活用する、Web 3.0ムーブメントです。

まだ初期段階ですが、DeSciの動きはゆっくりと勢いを増しています。 もちろん、この動きを後押しするトレンドの1つは、仲介者を排除してユーザーに力を与える、より広範なWeb 3.0と暗号資産への移行です。 もう1つは、科学研究の現状とデータの共有方法です。

DeSciが必要な理由:研究を悩ませている問題

研究は、動きの遅い性質、官僚主義、およびアクセスの欠如に対処するために、イノベーションが切実に必要とされる分野です。 科学者が研究プロセス中に直面する、一般的な問題を見てみましょう。

  1. 資金不足

現代科学は資金危機に直面しています。

現在、科学者は研究資金を助成金や民間の寄付者に依存しており、競争は非常に熾烈です。 この問題を実際にご説明するために、生物医学研究への資金提供方法を見てみましょう。

ほとんどの研究資金は、政府(大学や国立衛生研究所(NIH)などの専門機関を通じて)と、生物医学企業(研究部門を通じて)の2つの主要な資金源から得られます。

歴史的に、NIH助成金承認率は20%から30%の範囲であり、近年はゆっくりと、一貫して低下しています。 これは、研究者がキャリアの約半分を、助成金や提案書の作成に費やしていることを意味しますが、研究が重要であっても承認されません。

あるいは、民間の外部資金に依存するのは、それ自体短所もあります。 企業は通常、投資に対する見返りを求めるため、最も収益性の高い研究にのみ資金が提供されます。

したがって、研究への直接的な資金提供方法は、科学の進歩を遅らせることにつながります。 これは、採算が取れないと考えられる研究の進行を妨げます。 また、科学者自身が、命を救う可能性のある研究に集中するのではなく、失敗した資金調達入札に不釣り合いな時間を費やすため、リソースの浪費にもなります.

2. 既存研究の共有が不十分

研究は歴史的に独占的な分野であり、一握りの出版ジャーナルによって管理されてきました。

出版ジャーナルは、より多くのジャーナル購読を販売することにより、収益を増加させるインセンティブが与えられています。 そのため、彼らは出版の理想的な候補として、肯定的または注目を集める調査研究を選ぶことを選択します。
オープンアクセス運動などの構想は、読者や図書館が研究へのアクセスに料金を支払う必要がないように、科学データをよりアクセスしやすくしようと試みてきました。

ただし、ここでは、論文を出版したい科学者に、出版の諸経費がのしかかります。 一部の評判の高いジャーナルは、「有料公開」モデルに移行しました。これにより、科学者は、研究を公開するための処理料金として、4桁以上を請求されるようになりました

3. 透明性の欠如

科学は本質的に共同プロセスであり、科学者は行き止まりや間違いを取り除くために、互いの研究に依存する必要があります。

しかし、科学界の競争文化のせいで、研究グループは、ゴールラインを越えたり、特定の進歩の功績を認めたりする競争において、調査結果を隠す傾向があります。

貴重なリソースとデータを隠すことにより、科学的発展のペースが制限されます。 さらに、結果を隠して同じ研究を繰り返し行うことで、何百万ドルも浪費することになる可能性があります。

これは、研究を行っている人とその恩恵を受けている人の間に明らかな不一致があるために発生します。 科学者がデータを共有するためのインセンティブは、イノベーションをより迅速に実現するのに役立つ可能性があります。

DeSciはどのように科学研究を混乱させるのか?

上記の問題は、人類としての私たちの進歩に対する主要な障害です。 科学を前進させるには、リソースを一緒にプールする必要があります。分散型科学は、これを実現するためのインフラストラクチャです。 このセクションでは、DeSciが科学の進歩を加速するために世界中で使用されている方法の一部についてご説明します。

1. 分散化およびインセンティブ化されたピアレビューおよび出版プロセス

ジャーナルに論文を掲載するのは、ジャーナルがピアレビュー(査読)や編集などを調整する、長くて退屈なプロセスです。 この権限をジャーナルに与えることは、研究へのアクセスを妨げることにもなります。なぜなら、出版社が出版したいものを選択できるようになるからです。

ブロックチェーンベースのピアレビューインフラストラクチャを使用すると、これらのハードルを排除できます。 ブロックチェーンには、プログラム可能なコードである、スマートコントラクトと呼ばれる独自のテクノロジーがあります。 科学研究者の分散型コミュニティと組み合わせて使用すると、ピアレビューなどのジャーナル出版プロセスのセクションを、自律的に実行するようにプログラムできます。

レピュテーション(評判)システムは、ブロックチェーンに適した科学研究のもう1つの重要な要素です。なぜなら、そこに保持されている情報は検証可能で不変であるためです。 科学者が論文の出版やピアレビュー(査読)に成功するたびに、スマートコントラクトはブロックチェーン上のメトリック(指標)を自動的に更新し、コミュニティ内での信頼性を高めます。

VitaDAOは、ブロックチェーンの力を科学に活用する分散型組織の一例です。 これは、オンデマンドのピアレビューとレピュテーションシステムの構築に一定の成功を収めています。プラットフォームを通じて、レビューアーと著者は科学雑誌とは独立して仕事をすることができ、その仕事が直接認められるようになります。

2. コミュニティ提供の研究資金

ブロックチェーンテクノロジーは、クラウドファンディングにも直接役立ちます。これは、ブロックチェーンテクノロジーが研究に貢献できる、もう1つの方法です。 NFTやDAOを通じて、ゲーム、テレビ、映画などに関連するプロジェクト用に、数百万ドルが調達されているのをすでに見てきました。 科学分野に適用されるのと同じ論理で考えると、助成金を得るために何年も費やすことと、研究に時間を費やすことの違いを意味する可能性があります。

例えば、ブロックチェーンベースの助成金市場であるMoleculeでは、ユーザーが医薬品開発にクラウドファンディングを行うことができます。 このプロトコルは、患者、バイオテクノロジー企業、または投資家を、科学者に直接結び付け、研究のためのオープンな市場を強化します。 見返りを期待する人々は、MoleculeのVitaDAOを通じて特定のプロジェクトに資金を提供できます。

そのため、利害関係者は、出版社や大手製薬会社などの従来のルートを経由せずに、プロジェクトに出資できます。 このアクセスにより、重要なデータに直接アクセスし、投資によってその開発に貢献できます。

3. データの信用と知的財産権

研究権を代替不可能なトークン(NFT)としてミントすることは、科学者が知的財産権を確立し、研究に対する正当な信用を得るのに役立ちます。したがって、研究グループ間での共有が可能になり、誰がその研究の信用を得るかについて疑いがなくなります。

例えば、科学者は、研究成果をブロックチェーン上でNFTとしてトークン化することにより、直接収益化し、認定を(出版日で)受けることができます。 このようにして、科学者は研究を完了した日付を確認し(ブロックチェーンで)、貢献に対する当然の信用が得られます。 また、研究成果が購入されるたびにロイヤリティを受け取ることもできます。つまり、研究の報酬は、ジャーナルではなく、それを実施した人に直接送られます。

MoleculeのIP-NFTはこれを実現します。 事前に選別されたプロジェクトと知的財産権は、NFTを通じて記録され、ブロックチェーン上で流動性があり、譲渡可能で、簡単に検証できます。 これにより、潜在的な知的財産権(IP)の侵害を減らし、貢献者がその仕事に対して確実に報われるようにします。

4. データの透明性と検閲

通常、研究はさまざまな組織から隔離された(サイロ化)された環境に存在します。 これは、共同プロジェクトや研究を直接妨げます。

対照的に、ブロックチェーンでデータをホストするのは、科学の分野に透明性をもたらします。Web 3.0プロジェクトであるOpensciは、科学者が互いに協力してこれらの隔離されたデータを解き放つことができる環境の強化に積極的に取り組んでいます。

それらのプラットフォームを通じて、科学者は、ブロックチェーンを介していつでもどこからでも関連する研究のデータベースにアクセスして保管できるため、より正確な研究決定につながります。 これらのブロックチェーンの記録は変更または改ざんできないため、科学的な検閲を最小限に抑えることもできます。

科学の分散化によりイノベーションが加速

ブロックチェーンテクノロジーを使用して現代科学を合理化することには、多くの利点があります。 ブロックチェーンは、投資家、個人、患者が特定のアイデアを中心にデジタルコミュニティを構築し、そのコミュニティを通じて科学者が情熱を注いでいる研究に資金を提供できるようにすることで、科学分野から中央の門番を取り除きます。

そのため、科学者は資金、研究、データにすばやくアクセスできます。 また、データの所有権を保持しながら、研究成果をコミュニティと共有するための信用とインセンティブも受け取ります。

DeSciの初期のプロジェクトは、すでにその可能性を証明し始めています。 コミュニティをまとめ、単一のアイデアを中心に団結し、同時にコミュニティにインセンティブを与えるというブロックチェーン生来の能力は、このエコシステム全体を結び付ける接着剤です。 クリエイターに力と認識を与えることは、この革命の核心であり、社会としての私たちの仕組みを変える可能性があります。

知識は力なり


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。


お客様のメールアドレスは、ニュースレターの配信、アップデートおよびキャンペーン情報の送信にのみ使用されます。ニュースレターに記載されたリンクから、いつでも購読を解除することが可能です。

データの管理方法とお客様の権利については、こちらをご覧ください。