ビットコイン半減期 | Ledgerウォレットで最大50ドル相当のビットコインをゲット。

ショップに移動

暗号資産の保管に一番優れている方法は?

読む 6 分
初級
ハードウェアウォレット
重要なポイント
— 暗号資産を所有する場合、実際に所有しているのは秘密鍵である。 鍵を知っている人なら誰でも、関連する資金を使うことができます。

— 暗号資産を取引所などに預ける場合、基本的に資産はお客様の管理下ではなくなります。秘密鍵は取引所が保管するからです。

— 秘密鍵を所有することで、より大きな力とコントロールを得ることができますが、同時にそのセキュリティ面も管理しなければなりません。

— Ledgerは、あなたの秘密鍵に最高クラスのハードウェアストレージセキュリティをご提供します。そのため、何が起きても、お持ちの暗号資産をご自身で管理できます。

秘密鍵をどのように保管するかは、暗号資産のセキュリティにとって最も重要です。暗号資産の安全性を確保する方法をご紹介します。

暗号資産を所有している場合、実際に所有しているのは秘密鍵であり、これはブロックチェーンネットワーク上での取引承認に使用される重要情報です。 鍵を知っている人なら誰でも、関連する資金を使うことができます。

秘密鍵が盗まれたり、紛失またはデバイスに保存して消えた場合も、銀行や組織がバックアップや代替品を提供することはありません。暗号資産へのアクセスが失われるのです。

暗号資産を保管する場所と方法ー取り得る選択肢

秘密鍵を所有することで、より大きな力とコントロールを得ることができますが、それと同時にセキュリティにも気を配らなければなりません。 鍵を管理するためのツールは数多く存在します。通常「ウォレット」と呼ばれていますが、そのすべてが安全とは限りません。 資産の管理に使用できるウォレットには、次の4種類があります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット


Ledgerなどのハードウェアウォレットは、暗号資産保護のための最も安全なウォレットの選択肢であると広く考えられています。

  • オフラインの秘密鍵

ハードウェアウォレットは、秘密鍵をオフラインで保管します。つまり、あなた以外の誰も秘密鍵にアクセスできません。 そのため、ウォレットへのデジタルハッキングのリスクが即座に取り除かれます。簡単に言うと、ハッカーはデバイスやその中の秘密鍵にアクセスできません。

ハードウェアウォレットを使用すれば、たとえハッカーがコンピューターを支配することに成功したとしても、秘密鍵を盗んで暗号資産にアクセスすることはできません。 秘密鍵はオフラインで保管され、ハッキングのリスクを制限します。

  • 信頼できるディスプレイ

ハードウェアウォレットのもう1つの主なセキュリティ上の利点は、デバイスの画面でトランザクションの詳細を認証できることです。 ソフトウェアウォレットのインターフェイスの使用は、完全に安全というわけではありません。なぜなら、ハッカーによってリモートで改ざんされる可能性があるからです。 しかし、オフライン環境でデバイスのトランザクションの詳細を表示することにより、表示内容を完全に確信してから、確定することができます。

つまり、ハードウェアウォレットは、暗号資産を保管するための最も安全な選択肢です。ハードウェアウォレットは、オフライン環境で秘密鍵を安全に保管し、改ざんを防止する画面を通じて、トランザクションの詳細について確実性を提供するためです。


ソフトウェアウォレット

オンラインウォレット

ソフトウェアウォレットは、暗号資産を管理するアプリケーションです。 パソコンやスマートフォンにインストールできます。 秘密鍵はあなたが管理し続けることができ、第三者と共有されたり、第三者に管理されることはありません。

オンラインウォレットの最大のメリットは、インターネットに接続されたパソコンなどの端末から簡単にアクセスできることにあります。

ソフトウェアウォレットはPCやスマートフォンにインストールされるため、インターネットに接続されており、残念ながら秘密鍵がハッカーにさらされてしまうおそれがあります。 そのため、秘密鍵は隠されているように見えます。ですが、接続を通じて、誰かがあなたの秘密鍵にこっそりとアクセスしたとしても、実際にそのことについて知ることはできません. これでは、ウォレットの役目を果たしていません!

取引所ウォレット

最初に暗号資産を手にする方法としては、取引所のプラットフォームでのコインの購入が最も一般的です。特にトレードし続けたい場合は、そのまま取引所に置いておくことも多いでしょう。 ですが、取引所ウォレットを使用する際の大きな問題は、所有の実態です。この種のウォレットでは、絶対に、資産の秘密鍵を管理することができません。

鍵を持たない者は、Bitcoinも持たず

代わりに、これらの秘密鍵を第三者(取引所)に預けて、その第三者に保護させることになります。 つまり、見知らぬ人に、あなたの資金を預けることになります。 これには多くの問題があります。

  • 取引所がハッキングされるかも

取引所は基本的なレベルのセキュリティを提供しています。しかし、ほとんどの取引プラットフォームはセキュリティ会社ではありません。それにも関わらず、取引所が秘密鍵を保護するために講じる対策を信頼しなければならないのです。 実際にハッキングが発生した場合、あなたの資金はその影響を受けます。

主要な暗号資産取引所プラットフォームへのハッキングが相次ぎ、個別の暗号資産攻撃に関するニュースが絶えない中、資産の額に関係なく、すべての暗号資産投資家が、これまで以上に、セキュリティを最重要視しなければならないことは明確です。

  • 横領や破産

また、取引所のプラットフォームがあなたの資産を悪用したり、怠慢に扱ったりしないことを信頼する必要さえあります。 どちらの場合においても、取引所がハッキングされた場合同様に、あなたは何もできません。なぜなら、厳密に言うと、あなたの暗号資産は、取引所ウォレットにある間、あなたのものではないからです。

要約すると、取引所ウォレットは取引の際に便利で、秘密鍵を管理する負担は楽になるかもしれません。ですが、自分の暗号資産を管理できなくなるという、非常に高い代償が伴います。

暗号資産を保管する最も安全な方法

ハードウェアウォレットは人気が急上昇しており、暗号資産セキュリティの新しい標準的な担い手になりつつあり、その中でも、Ledgerは最も信頼できるブランドと見なされています. その理由は、私たちのデバイスを構成する、業界をリードする構成要素にあります。

セキュアエレメントとカスタムOS

ハードウェアウォレットでさえ、秘密鍵へのアクセスを狙った物理的な攻撃に直面する可能性があります。 ハッカーは、例えば、デバイスの電気的または電磁的署名を「待機」して、あなたのデータにアクセスしようとする場合があります。 それに備えて、ハードウェアデバイスはすべて、暗号化されたチップを使用しており、この使用されるチップのタイプが、そのウォレットはこのような攻撃に耐えられるのかどうか、資産を安全に保てるのかを決定付けます。

セキュリティ認証

Ledgerは、暗号資産に前例のないレベルのセキュリティを提供する先駆的なハードウェアウォレットテクノロジーを備えています。それを支えるのが、セキュアエレメント(SE)チップ(高度な技術を持つ攻撃者に抵抗するように特別に設計されたチップ)と、暗号資産を保護するために特別に設計されたカスタムOSです。

さらにLedgerのデバイスは、フランスのサイバーセキュリティ機関であるANSSI(国立情報システム・セキュリティー庁)によって認証済みです。

つまり、Ledgerは、あなたの暗号資産を保護するためのクラス最高のセキュリティをご提供します。 さらに、LedgerハードウェアウォレットとLedger Liveアプリを組み合わせることで、暗号資産を簡単かつ安全に管理できます。暗号資産の購入や売却、ステーキング、スワップを、お持ちの資産の安全性を損なうことなくご利用いただけます。 暗号資産の取り扱いがかつてないほど簡単・安全になりました!

暗号資産を適切に保護ーLedgerにおまかせ

暗号資産に対する脅威は、例えば、貴重な秘密鍵を狙うハッカー、デバイスへの物理的な攻撃、暗号資産取引所へのポートフォリオの預託など、さまざまな形で現れます。 暗号資産の管理を手放したり、苦労して稼いだ資産を安心して管理できないとしても、問題ないでしょうか?

Ledgerのハードウェアウォレットをご使用いただくと、あらゆる方向からさまざまな規模で押し寄せてくる、これらの主な脅威から保護されるだけでなく、Web 3.0で取引する際の完全な透明性も提供されます。 考えるまでもありません。なぜなら、暗号資産の秘密鍵を保管するのに、他のものを使用する理由なんてないからです。

知識は力なり


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。


お客様のメールアドレスは、ニュースレターの配信、アップデートおよびキャンペーン情報の送信にのみ使用されます。ニュースレターに記載されたリンクから、いつでも購読を解除することが可能です。

データの管理方法とお客様の権利については、こちらをご覧ください。