暗号資産を売る方法

5月 27, 2022
6 分
Ledgerで暗号資産を売る
重要なポイント:
— 暗号資産を売却すると、米ドルやユーロなどのフィアット通貨に戻すことが可能
— 利益を得ようとしている場合、または単に現金が必要な場合に有用
— 数ある暗号資産の売却方法の中で、最も一般的なのは取引所の利用である
— Ledgerを使用する場合、パートナーであるCoinifyを使用してLedger Liveから直接Bitcoinを売却することが可能

暗号資産を買うことはもちろん、売ることも可能なのです。 しかし、暗号資産を売るにはどうしたらよいのでしょうか? 売るメリットとは? 詳しく見ていきましょう。

暗号資産を売ることの意味

初めて暗号資産を購入したときのことを覚えていますか? それとも、今購入を検討中ですか? 米ドルやユーロ、その他のフィアット通貨で、初めてのBitcoin(もしくはその他の暗号資産)を購入できます。 お金で暗号資産を買うというのは、暗号資産の世界への一般的な入り口です。

入り口があれば、出口もあるというもの。

その出口とは、暗号資産の売却です。 購入の場合は、お金を暗号資産に換えることになりますが、暗号資産の売却はその反対です。 暗号資産と引き換えに、ドルやユーロ、円を手に入れることができます。 現金を手に入れて、暗号通貨を処分することになるため、これはキャッシュアウトと呼ばれています。 その方法は後ほどご紹介しますが、そもそも、

なぜ暗号資産を売るべきなのでしょうか?

さっそく答えを見つけましょう。 多くの人が、暗号資産は未来のお金であると信じており、売却する頻度は低くなっています。 では、なぜ売却するのでしょうか。

暗号資産は革新的かもしれませんが、従来の現金に戻したい状況は複数あります。 さっそく見ていきましょう。

利益を得る

暗号資産は、その迅速な価格変動と過去10年間の驚異的な成長により、優れた投資対象として認識されています。 株式のような伝統的な投資と同様、ある時点で投資のリターンを受け取りたいと思うかもしれません。

暗号資産への投資はリスクが高いため、必ずご自身で調査をするようにしてください。

ダンプの準備!

暗号資産の価格急落が予想されますか? 暗号資産を売却して、米ドルなどのフィアット通貨に換えることは、暗号資産のポートフォリオの価値が失われるのを防ぐ方法の1つです。 この場合、暗号資産の売却以外にも暗号資産をステーブルコインスワップすることもできます。

請求書の支払い

暗号資産の未来は明るく、今後ますます導入が進むと考えれていますが、それでもすべてのものに使えるわけではありません。 家賃や税金など、その他多くの支払いにおいて、暗号資産は対応していません。 手持ちの現金が足りなくなった場合などは、暗号資産を売ることも必要かもしれません。

暗号資産を売る方法とは?

さて、次は暗号資産を売るとはどういうことか、なぜ売るべきなのかの本題に入りましょう。まず、どうすれば暗号資産を売れるのでしょうか。

選択肢は数多くあり、その中でも人気の方法が存在します。 さっそく見ていきましょう。

取引所

おそらく、最も一般的な方法である暗号資産の取引所 は、一般的に非常に簡単に暗号資産を売ることができます。 個人情報(名前、住所、身分証明書のコピー)を入力してアカウントを作成したら、売りたい暗号資産をプラットフォームに送信します。 暗号資産が送金されたら、米ドルやユーロなどのフィアット通貨と交換するために売却を進めることができます。

取引所を利用する場合は、売りたい金額きっかりで送金するのがベストです。 取引所に送られた暗号資産は、その取引所の管理下となり、操作を制限することができます。 例えば、10 Bitcoinをプラットフォームに送って1 Bitcoinしか売れなかった場合、残りの9 BTCはすぐに取引所から引き出すことはできないかもしれません。 設定された出金限度額が、9 BTC以下の場合があるのです。

ダイレクトトレード

ダイレクトトレードのプラットフォームは、個人間の取引を促進するために存在します。例えば、ジョンがメアリーにBitcoinを売るとしましょう。 ダイレクトトレードのプラットフォームは、取引の仲介役、つまり取引の成立を支援します。 取引に合意した後、ジョンはBitcoinを、メアリーはドルをダイレクトトレードのプラットフォームに送ります。 そして、プラットフォームはメアリーとジョンがそれぞれBitcoinとドルを手に入れるのを確認します。

このようなプラットフォームは、かなり魅力的に見えます。 しかし、実際には非常に時間がかかる可能性があります。 買い手を見つかるまで待つ必要があるだけでなく、取引の実際の処理にも時間がかかる場合があるためです。

暗号資産ATM

暗号資産ATMは、銀行のATMと同じように直接現金を引き出すことができます。 唯一の違いは、銀行口座ではなく暗号資産から出金するということです。

ご想像の通り、暗号資産をフィアット通貨に変えるには、簡単で手っ取り早い方法です。 しかし、残念ながら暗号資産ATMの数はそれほど多くなく、希少な存在です。 ほとんどの場合、かなり遠くまで行かないと見つからないでしょう。 また、暗号資産ATMは、売却できる暗号資産や引き出し可能な金額が厳しく制限されている可能性もあります。

Ledgerの売却機能

Ledgerでは、パートナーであるCoinifyからBitcoinを売却することができます。

つまり、Ledger ハードウェアウォレットで暗号資産を安全に管理しながら、Ledger Liveを通じていつでも好きなときにBitcoinを売却することができるのです。 多くの国のLedgerユーザーが、簡単に利用できます。

Ledgerの売却機能Coinifyによって運営され、Ledgerスワップと非常に似ています。 Ledgerの売却機能で、暗号資産を安全にCoinifyに送ると、Coinifyが銀行口座に指定量のフィアット通貨(米ドル、ユーロなど)を送信します。 売却を実行する前に売りたい金額を選択すると、Coinifyが得られるフィアット通貨の金額を表示します。 もちろん、Ledgerデバイスでは利用者の手動による同意なしに暗号資産を販売することはありません。

アクセスしやすいだけでなく、ボタンを数回押すだけの簡単な操作で使用できるのも魅力です。 最も重要なことは、暗号資産の売却を決定する際に、主導権を他社に託す必要がないことです。 暗号資産を売却するその瞬間まで、手元に保管しておくことができます。 その間、業界をリードするLedgerのセキュリティソリューションによって、安全が確保されます。

知識は力となります。今後も学び続けましょう。 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 暗号資産で不労所得を得る3つの方法

注意事項:ご覧になっているコンテンツは情報提供のみを目的としています。 本記事に記載されているいかなる内容も、本国またはその他の国の法律で違法となる可能性のある管轄区域において、暗号資産の売買を勧誘または推奨するものではありません。 サービスをご利用になる前に、ご自身で十分な知識を身につけた上で判断を行ってください。 暗号資産は激しい値動きをします。 投資を開始する前に、ご自身の現在の状況に見合った目標と金融リスクを注意してご判断ください。 Ledgerでは財務、税務、法律に関するアドバイスを提供することはできかねます。 暗号資産関連の操作を行うかどうかの判断はご自身で行っていただくか、信頼できる有資格の専門家にお問い合わせください。.


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。