巷にあふれる詐欺(スキャム)。

5月 19, 2022
初級

Terry Crews:「こんにちは、Ianさん。今Discordで、Ledgerの従業員を名乗る人物から、エアドロップを送るから24単語のリカバリーフレーズを教えてくれと言われました。 これって詐欺ですよね?」

賢明な判断です。 これは明らかな詐欺ですね。 何度も言いますが、あなたの24単語を尋ねてくる人間はすべて犯罪者です。 それこそが当社の願いです。

お金のあるところには、必ず詐欺が発生します。 典型的なポンジスキームから、ブルックリンブリッジの売却を持ちかけてくる人間まで、世の中にはありとあらゆる詐欺師が存在しています。 しかし、デジタルの世界では、詐欺は新たな次元に進化を遂げています。

「今年はサイバー犯罪史上最悪の一年になる。」と予想しましょう。 毎年そう言い続けたとしても、おそらく実際にその通りになると予言します。

ハッカーは、Ledgerデバイスからお金を盗み出すことはできません。 だから、彼らは代わりにあなたをハッキングしようと試みるのです。 ではどうすれば自分の身を守れるか? まず、リカバリーフレーズを安全な場所に保管することです。

そして、Ledgerを装ったフィッシング詐欺メールに注意してください。 Ledgerの偽アプリにも注意しましょう。 詐欺師によるなりすましが非常に多いため、暗号資産プロジェクトの「公式サポートチャンネル」を名乗るソーシャルメディア上の人物やグループには常に注意しましょう。 スペルを少し変えただけの偽のウェブサイトや、24単語のリカバリーフレーズを盗むために、「新品のウォレットデバイス」を送り付けてくるタイプの詐欺まで存在します。

あなたのPINコードや24単語を要求するもの全てを、絶対に無視してください。 彼らの狙いはあなたの暗号資産です。 もし、うますぎる話があったとしたら、それはおそらく詐欺でしょう。

Ledgerが、あなたにこのような方法で連絡することはあり得ません。 Ledgerの従業員(と思われる人物)とやり取りするときは、細心の注意を払ってください。 なりすましの可能性を疑いましょう。 被害妄想に思えるかもしれませんが、このような慎重さが、あなたの暗号資産を盗難から守ることになるのです。

では、Ledgerはあなたについて何を知っていて、何を要求するのでしょう? それは、次の動画でお話ししましょう。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。