基礎

経路 4. 運用を続ける

チャプター 2/4

HODL(長期保有)のみで運用

6 分
HODL
重要なポイント:
— 「HODL」という言葉は、2013年12月に、市場が大きく変動しても暗号資産を売らずに持ち続けるという意味で生まれました。
— 最も簡単な運用方法を求めている暗号資産投資家は、単に資産をHODLし、市場が自分にとって有利に展開するのを待てば良いのです。
— 長期保有は、市場によって呼び方が異なるものの、専門家の間では、最も安全かつ、最も収益性の高い投資戦略の1つと考えられています。

HODLは、暗号資産を増やすための最も安全かつ簡単な方法の1つと考えられています。 必要なのは知識と忍耐だけです。 ここでは、暗号資産をHODLのみで運用する方法を紹介します。

Keep growing it(増やし続ける)」プレイリストの記事をすでにお読みであれば、暗号資産を増やせる可能性のある2つの方法をご存知のはずです。 しかし、最も簡単なのは、資産を単純にHODL(長期保有)することです。

よく言われることですが、Bitcoinを買うことは大したことではなく、それを長期的にHODLすることが本当の試練なのです。 それは、Bitcoinの価格が大きく変動するたびに、すべての投資家が利確あるいは損切りすべきかという誘惑やプレッシャーに晒されるためです。

これまでも、数多の投資家がそういった誘惑やプレッシャーに屈し、そしてそれを後悔してきました。 しかし、あなたが同じ轍を踏む必要はないのです。 何もせずに資産を増やしたいと考えているなら、HODLが最適な選択肢かもしれません。

HODLとは何か、そしてHODLの方法について詳しく見ていきましょう。

HODLとは

暗号資産の世界に足を踏み入れたばかりの方は、暗号資産の愛好家たちが、奇妙な専門用語を好んで使うことに気付いたのではないでしょうか。 そのような専門用語のひとつに「HODL」があります。 そして、HODLという言葉が生まれた経緯は、面白くも感動的なストーリーです。

話は、Bitcoinが1,150ドル以上から約150ドルまで下落した2013年の市場暴落にさかのぼります。 当然、市場はパニックに陥りました。 そしてBitcoinの投資家たちは、BTCの狼狽売りに走り始めたのです。

しかし、「HODL」で嵐を乗り越えた投資家もいました。 そのような投資家の1人が立ち上がり、BTCコミュニティを仕切ってBTCを空売りしている投資家たちに対抗しました。 また彼は、多少酔っ払いながら、BitcoinをHODLしている理由を語りました

GameKyuubiはBitcoinTalkフォーラムにアクセスし、「I AM HODLING(私はHODLしている)」というスレッドを作成して、自分が酔っ払っていること、ガールフレンドがバーに出かけていること、Bitcoinが暴落していること、それでもBTCを売却していないことを仲間たちに知らせたのです。 彼は実際にはHOLD(ホールド)している、と打つつもりで、自分のスペルミスにも気付いていました。そして、それを次のように説明しました(原文ママ):「I type d that tyitle twice because I knew it was wrong the first time. Still wrong. (タイトルにスペルミスがあったから打ち直したんだ。でもまた間違った)」。

暗号資産コミュニティはGameKyuubiのこのスレッドに熱狂し、偶然によって生まれたこの新しい用語は瞬く間に定着しました。 暗号資産コミュニティで最も有名な用語「HODL」は、ある1人の酔っ払った投資家によって、このような経緯で生み出されたのです。 この単語は、現在でも暗号資産用語の1つとして広く使われています。

なぜHODLするのか

簡単に言うと、「HODL」とは、長期的な投資として暗号資産を辛抱強く保有し続けることを意味します。 この場合、あなたは保有している資産に対して、忍耐と信頼を示す以外何もする必要はありません。そして、暗号資産の価格が上昇すれば、あなたの保有資産の価値も上昇します。

2013年の安値150ドルから、Bitcoinの価格は350倍以上に跳ね上がっているため、2013年にBitcoinをHODLすることを決めたGameKyuubiの資産は、現在膨大な額になっているはずです。

本稿執筆時点で、Bitcoinは50,000ドル以上、Etherは1,700ドル以上で取引されています。 前回の強気相場が最高値だと考え、Bitcoinを売却してしまった人たちの気持ちを想像してください。 うーん残念!

また、私たちの多くは、多数のモニター画面を見ながら相場のタイミングを計れるプロトレーダーではない、という事実を受け入れましょう。 私たちには、人生でやるべきことが他にもあります。 しかし、だからといって資産を増やすことができないわけではありません。

市場やトレードのタイミングをプロのように計ることができない一般人も、暗号資産を長期保有することで、市場が有利に展開するのをじっくり待つことができます。 必要なのは、リサーチすること、自分が信じるプロジェクトに投資すること、そして忍耐力を持つこと。たったそれだけです。

もしこのようなスタイルで資金を運用することをご希望であれば、長期保有する資産をどのようにして保護すべきかをLedgerがご案内します。

暗号資産を簡単かつ安全にHODLする方法

HODLする場合、暗号資産をずっと同じ場所に保管しておく必要があるかもしれません。 そしてその場所は、簡単にアクセスでき、なおかつ脅威から安全であることが好ましいでしょう。

実際のところ、暗号資産の投資や保管を可能にする暗号資産プラットフォームは、これまでにもさまざまな災難に見舞われてきました。 そして多くの場合、それらへの代償を払うことになるのはユーザーです。 それを避けるためには、暗号資産をHODLする最も安全な方法を見つけなければなりません。

ホットウォレット

はっきりと申し上げましょう。 ホットウォレットはインターネットに接続されており、サイバー犯罪者によって資産が盗まれる危険をはらんでいるため、Ledgerはその利用を推奨していません。 しかし、ホットウォレットがどうしても必要になる状況は数多くあり、広く使われていることに間違いはありません。

このカテゴリーで最も安全なオプションは、秘密鍵シードフレーズを自分で管理する、非カストディアルなホットウォレットです。 このように、ホットウォレットでも資産に対するコントロールとセキュリティを強化することは可能です。 しかし、資産はインターネットに接続されているため、危険に晒される可能性が常にあります。

しかし、ほとんどのユーザーは、暗号資産を暗号資産取引所のホットウォレット(カストディアルウォレット)で保管することを選択しています。 暗号資産の非中央集権的な性質と矛盾しているようですが、それが現実なのです。

取引所のウォレットを使用する場合、暗号資産の秘密鍵を所有することはできません。 つまり、あなたの資産をコントロールするのは、取引所となります。 お客様自身ではありません。 そうです。 この保管方法も、短期的には住宅賃貸のようにうまくいくかもしれません。 ですが、完全なセキュリティと資産の所有権は絶対に得られません。

どうすれば良いのでしょうか? ハードウェアウォレット(コールドウォレット)にお任せください。

コールドウォレット — HODLのための聖杯

結局、長期的にみると、自分の家を持つことが一番安全なのです。 暗号資産ウォレットとはつまり、自分で資産を完全にコントロールできる場所を意味します。 もしかすると、いつの日かそのウォレットで実際に自分の家を買うことができるようになるかもしれません。

その点、暗号資産を安全にHODLしたいのであれば、非カストディアルウォレットを使うことをお勧めします。 暗号資産に最大限のセキュリティを求めるのであれば、ハードウェアウォレット(コールドウォレット)がおすすめです。 セキュリティの観点では、Ledger Nano製品は業界で唯一、独立機関による認証を受けたハードウェアウォレットです。

インターネットから切り離された安全な状態で、1,500種類以上の暗号資産やトークンをHODLすることができます。 自分1人しか秘密鍵とウォレットのリカバリーフレーズにアクセスできないため、暗号資産を完全にコントロールすることが可能です。

Ledgerウォレットで暗号資産をHODLする場合、秘密鍵とリカバリーフレーズが安全に保護されている限り、いかなる状況でも、あなたの暗号資産は常にあなたのものであることが保証されます。 HODLし、時間の経過とともに資産が増えていくのをじっくり待てばいいのです。

それと同時に、もし望むのであれば、ウォレットで眠らせている暗号資産をLedger Liveで直接レンディングしたり、ステーキングしたりすることも可能です。

これで、暗号資産を運用するための知識が身についたはずです。 これらの知識を武器に、経済的自由への旅に出発しましょう。 ぜひお友達も誘って、これまでの新しい発見を彼らにもシェアしてあげてください。

クリプトのフォースが共にあらんことを!

知識は力となります。今後も学び続けましょう。 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 暗号資産で一攫千金


関連資料

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]