基礎

経路 3. Ledgerについて

チャプター 1/2

Ledgerはユーザーに何を提供するのか?

1月 14, 2021
3 分
Ledgerのエコシステムついて

Ledgerはユーザーに何を提供するのか? それを理解するには、Ledgerのエコシステムに目を向ける必要があります。 当社が何を目指しているのか、なぜそれがあなたにとって重要なのかをお伝えします。 最初のステップは、当社のエコシステムによって、自分のお金を管理可能にすることです。

前回の記事では、暗号資産ウォレットの実用性と安全性を評価するためのさまざまな要素についてお話ししました。

暗号資産ウォレットでは、秘密鍵をオフラインに保つことによるセキュリティ、オンラインに接続することで他のプラットフォームとシームレスに取引できる利便性など、さまざまな面で非常に繊細なバランスが求められます。 これら2つを、1つのソリューションで実現するにはどうすればよいのでしょう?

そこで登場するのがLedgerと、成長を続けるそのエコシステムです。 Ledgerのミッション、哲学、ツール、そしてインターフェイスをご案内し、それらがあなたがこれから暗号資産と付き合っていく中で、どのような恩恵をもたらすのかを説明します。

Ledgerが選ばれる理由とは?

所有権の概念は変化しており、Ledgerはその準備ができています。暗号資産は、権力を人々の手に戻すためのもの。従来の金融システムを分散化することで、大手銀行や政府を金融から排除し、人々はお金に関する意思決定の主導権を取り戻すことができるのです。 しかし、暗号資産の管理ソリューションの中には、暗号資産取引所、ソフトウェア、オンラインウォレットのように、利便性とアクセシビリティのために分散型を犠牲にしているものもあります。

使い勝手は優れている反面、これらのソリューションは新たな仲介者となり、個人情報を提供する必要があったり、資金へのアクセスが制限されたりなど、新たな妥協点をもたらすことになります。 さらに別の問題もあります。それは、信頼できる第三者にも、セキュリティ上の欠陥があるという点ですこれらのサービスを利用するということは、自分の暗号資産の安全性を第三者の手に委ね、第三者のシステムを信頼しなければなりません。 自分の資産を自分で保護できれば安心なのに、どうしてわざわざ第三者を信頼しなければならないのでしょう?

すべて変えるのがブロックチェーンです。 ブロックチェーンは、仲介者に頼らずに資産を「所有」することのできる、巨大なデジタルストレージ領域だと考えることができます。 また、ウォレットはデジタルインフラストラクチャとの通信と、資産のセキュリティの維持に使用するインターフェイスであり、暗号資産の所有権にとって非常に重要なものです。

Ledgerのウォレットは、セキュリティと自由を第一に考えています。 なぜなら当社は、あなたのお金はあなただけが管理するべきだと信じているからです。

Ledgerはユーザーに何を提供するのか Ledgerのエコシステムの説明

暗号資産のユーザーにとっては、セキュリティと使いやすさの両方が必要です。 そこで当社は、秘密鍵を可能な限り安全な方法で簡単に保護し、暗号資産をシームレスに管理できるようにする製品とサービスのエコシステムを構築しました。 LedgerハードウェアウォレットLedger Liveアプリの組み合わせは、資金をしっかりと保護しながら管理することのできる最高のソリューションです。 その理由を見てみましょう。

セキュリティ

秘密鍵がどのくらい重要なのかは、まだ記憶に新しいと思います。 Ledgerのハードウェアウォレットの重要なポイントは、これらの鍵をオフラインで維持することによって、最高のセキュリティを提供することです。 それも常に。

ホットウォレットは秘密鍵をオンラインで生成し、常時接続されているシステム内に保管するのに対し、Ledger Nanoはデバイス内で秘密鍵を生成し、それをそのままデバイス内に保管します。 つまり、秘密鍵がハッキングやマルウェアなどのオンライン脅威にさらされることはなく、また、秘密鍵を第三者に委託する必要もありません。

シンプル

Ledgerを使えば、暗号資産を簡単に保護できます。秘密鍵は常にオフラインであり、それだけで資産の安全性は飛躍的に向上するのです。 しかし、問題は使い勝手です。インターネットに接続せずに、どうやってNanoで取引を行えるのでしょう? その答えがLedger Liveです。

Ledger Liveは、Nanoと連携して動作するネイティブアプリです。 これは、暗号資産を視覚化して管理したり、ウォレットで保護した資金を使って様々な外部プラットフォームを利用できるオンラインインターフェイスです。 暗号資産の送金や受け取り、アカウント残高の確認などの操作を、秘密鍵をデバイス内に安全に保持したまま、アプリで簡単に行うことができます。

Ledger Liveへのアクセス方法

概念的には、LedgerハードウェアウォレットとLedger Liveアプリの組み合わせは、iPhoneとApp Storeのそれに似ています。一方には資産を保管できるデバイスがあり、もう一方には資産を管理し、さまざまなサービスにアクセスするためのソフトウェアがあります。 単純でしょう?

Ledgerのエコシステム

Ledger Liveは、Nanoの購入時に必ず付属しています。 両者は表裏一体の関係にあります。 たとえば、実行する操作ごとに、Ledger LiveとNanoウォレットの両方で同じトランザクションを確認および承認する必要があります。これは、2FA(2要素認証)の仕組みとよく似ています。

もっと知りたいですか? 今後の記事では、この成長を続けるエコシステムがもたらす無限の可能性に焦点を当てて解説しましょう。

知識は力となります。

知識は力となります。今後も学び続けましょう。 暗号資産とブロックチェーンを理解することに喜びを感じているのであれば、ブラインド署名について、ぜひSchool of Blockのエピソードでチェックしてみてください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。