プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは?

5月 25, 2022
8 分
プルーフ・オブ・ステーク
重要なポイント
— ステーキングとは、ネットワークを保護するために暗号資産をロックし、そのために金利を支払う行為。
— PoSは、従来のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のようにマイナーがクリプトグラフィックパズルを解いて取引を検証するのではなく、コインの保有枚数に応じて次のブロックを検証する人を決めるコンセンサスアルゴリズムである。
— PoSは、多くの業界専門家の間で広く支持されており、より良い持続可能性が期待できる。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の考え方

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、ブロックチェーンネットワークのコンセンサスアルゴリズムの一つで、ランダムに選ばれたバリデーターがブロックチェーンにネイティブネットワークのトークンをロックして「ステーキング」し、ブロックを生成・承認するものです。 バリデーターには、ステーキング総額に応じた報酬が支払われ、ノードには投資収益率(ROI)に基づいたネットワークの検証を行うインセンティブが与えられます。

PoSは、Bitcoinの大量のエネルギーを消費するプルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスよりも環境にやさしく、よりスケーラブルであると考えられています。

バリデーター

PoSのブロックチェーンでは、ステーキング金額に基づいてバリデーターが次のブロックを生成するために選択されます。 コンセンサスの先走りを防ぐために、ランダムな機能で設計されているものの、バリデーターがステーキングした金額が大きいほど、次のブロックを生成する確率が高くなる可能性があります。 バリデーターによって提案されたブロックは、残りのセットに伝えられ、その後承認されたブロックを検証してブロックチェーンに追加します。

ネットワークへのメリット

プルーフ・オブ・ステークの設計には、複数の魅力的な要素があります。 注目すべきは、報酬がネイティブトークンを通じて金銭的に機能するため、PoSは、PoWのような計算による抽選プロセスを回避することが可能な事です。 これは、パフォーマンスとセキュリティに重要な影響を与えます。

PoSは、「Fast-Finality(迅速なファイナリティ)」コンセンサス設計を採用。オンチェーン・トランザクション/秒(TPS)とネットワーク転送の両方で、より高いパフォーマンスを発揮することができます。

セキュリティの面では、バリデーターはブロックの生成とトランザクションの承認において誠実に行動する動機があり、その理由は主に2つに分けられます。

まず、バリデーターはネットワークトークンの大部分を支配している傾向にあり、チェーンの安全性を確保するための金銭的なインセンティブ(報酬)があります。 つまり、セキュリティの脆弱性がトークンの価格に悪影響を与えるというジレンマに直面するのです。 次に、ブロックを生成のロックイン対象となるバリデーターが、悪意ある行動を選択して偽のブロックを生成した場合、そのバリデーターは切り捨てられるか、排除されるというリスクがあります。

暗号所有者のメリット資産

自身がバリデーターになることに興味がない場合でも、ネットワークのエコシステムに参加することで報酬を得ることができます。

現在は、ステーキングで収益を上げるための方法が用意されています。 そのルールは、使用するブロックチェーンによって異なります。 参加する前に、各プロトコルの詳細を必ずご確認ください。

  • 保有による報酬 – ユーザーはコインを一定期間ウォレットに保管しておくだけで報酬を得ることができます。 コインをステーキングするための具体的な行動は必要ありません。 報酬はそのウォレットに保管されているコインの枚数や(多くの場合)保管時間によって異なります。 このような報酬の請求は、プロトコルによって自動的に行われる場合とユーザーのアクションに伴って行われる場合があります。
  • 参加報酬 / – ユーザーは出資金の一部をバリデーターにデリゲートし、バリデーターはネットワークの安全確保を担当します。 この報酬は、バリデーターが収益の一部をステーキングをデリゲートした人たちと共有することで得られ、プロトコルによって自動的に強制されるか、バリデーターの善意に依存します。


PoSの短所

プルーフ・オブ・ステークコイン

Ethereum(ETH)

Ethereumは現在、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスへと移行しており、トランザクション速度の高速化、スケーラビリティの向上、ネットワークへのエネルギー消費の低減を実現に向けた改革を行っています。

その結果、ブロックチェーンの運営を支援するために、ETHトークンをステーキングできるようになりました。 ETH 2.0をステーキングする場合、バリデーターになるか、ステーキングプールに参加するかの2つの選択肢があります。

バリデーターは、ブロックチェーンに追加される前に、受信した各ブロックの有効性をチェックする機能を持つ完全な独自のノードを実行します。 提案に成功したブロックの数だけ、報酬を受け取ることができます。 32 ETH 2.0という高額なステーキング数量さえあれば、簡単に始められます。

それが難しい場合は、Lidoのようなステーキングプールに参加することもできます。 より大きなプールに少額のETH 2.0を(少額の手数料と引き換えに)ステーキングすることで、最初のステーキング金額に比例した報酬が受け取れます。

どのようにステーキングするにしても、1~2年後に予定されているフェーズ1.5までコインを引き出すことができない、ということに注意が必要です。

Tezos (WTZ)

このコインは、XTZトークンに約2億3200万ドルが投資されるなど、史上最大のICOを行ったことで広く知られています。

Tezosは、PoSプロトコルを使用してネットワークを保護する多目的ブロックチェーンです。 トークン保有者は、自分の資産の所有権を譲渡することなく、バリデーターと呼ばれる他のトークン保有者にアカウントをデリゲートすることができます。 バリデーターは、代わりにネットワークの安全確保を担当することになります。 ユーザーは生成された報酬から、バリデーターへの手数料を差し引いた金額を獲得することができます。

デリデートされたXTZは、完全に流動的です。 バリデーターへのデリゲートには凍結期間がないため、いつでも自由にトークンを移動させることができます。さらに、XTZのデリゲートには直接のリスクはありません。 バリデーターを慎重に選択するだけで、サービスの品質と報酬を簡単に確保できます。

Ledger liveでTezosを直接ステーキングする方法の詳細は、こちらをクリックしてください。

Tron(TRX)

ステーキングで不労所得を得るための、その他の方法をご紹介します。

Tronは、デリゲートされたプルーフ・オブ・ステークのメカニズムにより、1秒あたりのトランザクション数(TPS)の高速化を実現しています。

Tronのネットワークでは、ブロックチェーン上のブロックを作成する27人のバリデーターが存在します。 これをスーパー代表(SR)と呼びます。 Tronネットワークに参加している全員が、自分のTRXを使って、誰がスーパー代表になるべきかを投票することができます。 スーパー代表になるには最高得票数が必要です。

ブロックを作成したスーパー代表は、そのブロックに投票した人へTronを贈ることができます。 これによりTRXをさらに獲得することができます。

Ledger liveでTronを直接ステーキングする方法の詳細は、こちらをクリックしてください。

Cosmos(ATOM)

最も人気のあるステーキングコインの一つです。 Cosmosは、非常に特徴的なブロックチェーンで、Atomsと呼ばれるネイティブ暗号通貨を使用しています。

Cosmosコインは、バリデーターに依存したハイブリッドなProof-of-Stakeメカニズムを使用。ブロックチェーン業界が解決を目指し取り組んできた、スケーラビリティと相互運用性の問題を解決するソリューションです。 バリデーターは、すべてのAtom所有者から選ばれ、その働きに対して報酬が支払われます。 Atom所有者は、資産をデリゲートすることで、誰がバリデーターになるべきかを投票することができます。

バリデーターにAtomをデリゲートすると、報酬を獲得することができます。 ただし、Atomをデリゲートした場合、そのAtomはロックされてトランザクションに使用できなくなることに注意する必要があります。

バリデーターへのデリゲートを開始すると、いつでも報酬を請求することができます。

Ledger liveでCosmonを直接ステーキングする方法についてもっと知りたい方は、こちらをクリックしてください。

Algorand(ALGO)

Algorandは、現在のブロックチェーンが直面している3つの主要な課題である、セキュリティ、スケーラビリティ、および分散化を目指しています。

PPoS(ピュア・プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれるAlgorandのコンセンサスアルゴリズムでは、ネットワークのセキュリティは多数派の誠実さと結びつけられています。

多くのProof-of-Stakeコインでは、ネットワークのバリデーターになるか、暗号資産のデリゲートが必要です。 Algorandの場合は異なります。 ALGOの場合、自分のアドレスにALGOを1つ以上持っていれば、自動で報酬が配当されます。 何もする必要ありません。

Ledger liveでAlgorandを直接ステーキングする方法の詳細は、こちらをクリックしてください。

Polkadot(DOT)

Polkadotは、単一のネットワーク内で複数のチェーンをサポートするように設計された、次世代ブロックチェーンプロトコルです。 Nominated Proof of Stake (NPOS) として知られているProof of stake (POS)コンセンサスへの新しいイノベーションを実装しています。

マルチチェーンプロトコルは、既存のブロックチェーン技術の革命的な前提を基盤としてさらにいくつかの利点を提供し、個人に主導権を戻すように設計されています。

例えば、現在のブロックチェーンでの何百ものブロックチェーンが孤立して存在し、コミュニケーション能力が低いという問題の克服を目指しています。 Polkadotは、ブロックチェーン同士が安全に通信できることを前提に作られています。

Polkadotは、ブロックチェーン分野への最新の参入企業で、EthereumCosmosといったネットワークを超える追加ソリューションでエコシステムを成長させようとしています。 しかし、Polkadotは他のブロックチェーンネットワークと競合するのではなく、共存・相互運用できるように設計されています。

Ledger liveでDotを直接ステーキングする方法の詳細は、こちらをクリックしてください。

ここでは、有名なステーキングコインをいくつか紹介しましたが、他にも不労所得を得られるコインが存在します。 具体的には、DASHやNEO、Cardano (ADA)です。

PoSが新しい基準になる?

PoSコンセンサスは、Bitcoinの基本性能の実行を改善しようとするパブリックブロックチェーンの間で、ここ数年間で順調に普及が進んでいます。 このようなブロックチェーンは、一定期間により多くのアプリケーションやトランザクションをサポートすることが可能です。特定のネットワークの需要に対応するために、PoSの革新的な挑戦を始めています。

スマートコントラクトのプラットフォームとして注目を集めるEthereumは、現在PoWコンセンサスから待望のEthereum 2.0でPoSへの移行を進めている最中です。

また、PoSではBitcoinのようなPoWチェーンと比較してバリデーターやネットワークノードのオペレーターがコンセンサスに参加する機会が多くなります。 Bitcoinマイニング用の高価なASICハードウェアにコストをかけたくないユーザーにとって、トークンを一定数保有する必要があるという参入障壁の低さは魅力的です。

全体として、PoSは急速に進化している暗号資産分野で大きな勢いを見せています。 パブリックブロックチェーンの中でも、長期的な持続性はまだ証明されていません。しかし、多くの業界専門家や参加者、傍観者から広く支持されています。

学び続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockのエピソードをご覧ください。 暗号資産を解説


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。