新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

ノンカストディアルウォレットの意味

2024年4月23日 | アップデート 2024年4月23日
ノンカストディアルウォレット(セルフカストディアルウォレット)は、暗号資産ウォレットです。公開鍵と秘密鍵を自分の手で完全に管理することが可能なため、暗号資産ウォレットと資産も完全な形で管理することができるようになります。

暗号資産におけるノンカストディアルウォレットとは?

ノンカストディアル(自己保管・自己管理型)ウォレットは、秘密鍵を取引所などのサードパーティに預けるのではなく、その所有者が秘密鍵を独占的に管理できるウォレットのことです。 ノンカストディアルウォレットの場合、秘密鍵とウォレットの安全性確保はユーザーが全責任を負います。

ホストプラットフォームが最終的にアクセスを管理するカストディアルウォレットとは対照的に、ノンカストディアルウォレットは検閲に耐性があります。例えば、ノンカストディアルウォレットは所有者にウォレットのブロックチェーンアドレスへの直接リンクを提供します。所有者のアクセス権は他の組織に依存しないため、資産が第三者に没収されることはありません。

ノンカストディアルウォレットの種類

一般に、ノンカストディアルウォレットには3つの種類があります。

  • ソフトウェアノンカストディアルウォレット:このウォレットはソフトウェアアプリケーションで、ウェブポータル、コンピューター、またはモバイルデバイスを通じてアクセス可能です。 ソフトウェアウォレットは、インターネットに常に接続されているインターフェース内に秘密鍵を保管します。 これによりソフトウェアウォレットへのアクセスが容易になりますが、同時にソフトウェアウォレットが保管する秘密鍵が常にオンラインになるため、デジタルハッキングに対して脆弱にもなることも意味します。 ソフトウェアノンカストディアルウォレットには、MetaMask(メタマスク)やTrust Wallet(トラストウォレット)などがあります。
  • ハードウェアウォレット:ハードウェアウォレットは暗号資産ウォレットです。インターネット接続から隔離された安全な物理的(ハードウェア)デバイスに秘密鍵をオフラインで保管します。 このハードウェアは通常、暗号資産にアクセスするためにコンピューターに接続するポータブルデバイスです。 ハードウェアウォレットには、LedgerハードウェアウォレットのStax、Nano X、Nano S Plusなどがあります。
  • ペーパーウォレット:ペーパーウォレットも、秘密鍵をオフラインで保管します。 これは秘密鍵とQRコードが印刷された用紙です。 資産にアクセスするにはQRコードをスキャンし、資産をソフトウェアウォレットに転送できる別の暗号資産ウォレットアプリが必要です。 ペーパーウォレットはインターネットから完全に切り離されており、暗号資産を保管する最も安全な方法であると考えられています。 しかし紙は耐久性の低い保管手段であるため、あまり一般的ではありません。

ノンカストディアルウォレットの利点

ノンカストディアルウォレットを使用する利点は次のとおりです。

  • ウォレットを完全に管理:ノンカストディアルウォレットではユーザーが秘密鍵とリカバリーフレーズの両方を持っているため、ウォレットと資産を完全に管理できます。
  • 検閲への耐性:ノンカストディアルウォレットは秘密鍵が単一の組織によって管理されないため、取引所のウォレットよりも安全である可能性が高まります。
  • 制限なし:カストディアルウォレットでのトランザクションは出金制限やサードパーティによるアカウントの凍結など、制限が課される場合があります。 一方、資産の自由と責任がすべてユーザーのものであるノンカストディアルウォレットには制限がありません。

見逃すことへの恐怖(FOMO)

FOMOは「fear of missing out(逃すことへの恐怖)」の略で、トレーダーが収益性の高い投資や取引機会を逃していると考えるときに経験する不安や恐怖です。

定義

ホットウォレット

ホットウォレットは暗号資産ウォレットで、インターネットに接続されたインターフェース内で暗号資産の秘密鍵を保護します。

定義

Cold wallet(コールドウォレット)

「コールドストレージ」とも呼ばれるコールドウォレットは、暗号資産の秘密鍵をオフラインで保護するデバイスまたはシステムです。

定義