新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

ユーティリティトークンの意味

2024年3月27日 | アップデート 2024年3月27日
「ユーザートークン」としても知られるユーティリティトークンは、所有者に分散型アプリケーションまたはエコシステムの機能へのアクセスを提供し、そのシステムの経済を形成する特定の機能を果たします。 これには、DEX(分散型取引所)、メタバースプラットフォーム、またはブロックチェーンベースのWeb3プラットフォームが含まれる可能性があります。

ユーティリティトークンとは?

ユーティリティトークンは通常、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)またはイニシャルDEXオファリング中に発行されます。 ユーティリティトークン所有者は、購入と引き換えに、特定のサービスへのアクセスや手数料の割引など、特定の特典を享受できます。 あるいは、ユーティリティトークン所有者は今後の分散型アプリケーション(DApp)の改善提案に投票することもできます。 ユーティリティトークンに最も広く使用されているトークン規格(またはテンプレート)は、Ethereumネットワークで開発されたERC-20トークン規格です。

ユーティリティトークンの例

ユーティリティトークンは、その暗号資産ネットワーク内で特定の機能を果たします。 以下にいくつか例を示します。

ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token:BAT)

これは、ERC-20トークンで広告主がBraveブラウザ上のさまざまなサービスの決済手段として使用します。 ユーザーはBAT購入広告を視聴してBAT報酬を獲得し、それを分散型取引所で売却できます。

Chainlink (LINK)

Chainlinkは、Ethereumネットワーク上に構築されたブロックチェーンオラクルです。 オラクルは、ブロックチェーンを外部ソースに接続して、リアルタイムデータを入力するサービスです。 LINKはERC-20トークンであり、Chainlinkオラクルネットワークのユーティリティトークンです。 LINKは、データやその他のさまざまなサービスを取得することでネットワークオペレーターに報酬を与えます。それがそのアプリケーションの生命線となっています。

ユーティリティトークンとセキュリティトークンの違いは?

現実世界の資産に関連付けられた投資手段として機能し、その所有者にその資産へのアクセス権を与えるのがセキュリティトークンです。 ユーティリティトークンは主に特定の機能を提供し、ブロックチェーンエコシステム内でやり取りするように設計されています。 ユーティリティトークンはプロジェクトの所有権を示すものではありません。

一方、セキュリティトークンは株式のような従来の証券資産と同様、資産やプロジェクトの所有権、部分的所有権、またはシェア(持ち分)を示します。

ユーティリティトークンとセキュリティトークンの主な違いは次のとおりです。

  • 使用法:セキュリティトークンは投資契約で、トークンを発行する企業や組織のシェアを表します。 対照的に、ユーティリティトークンの所有者は会社の実際の出資金を持たず、投資収益を生み出しません。
  • 価値評価:セキュリティトークンの価値は、トークンを発行する企業または資産の評価に直接関係します。 企業の評価が上昇すると、セキュリティトークンの価値も上昇します。 資産の現在の評価額とユーティリティトークンの間には何の関係もありません。
  • 規制:ユーティリティトークンはほとんど規制されていません。 セキュリティトークンの場合、企業と投資家は投資契約があるかどうか、またトークンが収益を期待した投資に使用されているかどうかを判断する米国のハウイーテスト(Howey Test)などの規制と連邦法を遵守する必要があります。

Jager

Jagerは、暗号資産 BNB (Binance Coin) の一部を表す測定単位です。

定義

マーケットキャップ(時価総額)

マーケットキャップは、暗号資産の合計価値の尺度です。 これは、コインの現在の市場価格に利用可能な供給量を乗算して計算されます。

定義

パブリックブロックチェーン

パブリックブロックチェーンは、単一の組織によって制御されない分散型ネットワークです。 世界中のどこからでも、誰でもアクセスできます。

定義