新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

WAGMIの意味

2024年3月28日 | アップデート 2024年3月28日
WAGMI は「We're All Gonna Make It(私たちは皆成功する)」の頭字語で、不確実性と闘い、暗号資産市場への信頼を築くために使用される用語です。 これは暗号資産市場に希望を取り戻すことを目的としたスローガンですが、皮肉的に使われることもあります。

暗号資産におけるWAGMIとは?

この頭字語は「We’re All Gonna Make It(私たちは皆成功する)」の略です。 これは暗号資産市場への信頼を築く方法として、X(旧Twitter)などのソーシャルメディアネットワークで一般的なスローガンです。 またこれはソーシャルメディアのインフルエンサーや暗号資産擁護者が、自分の利益のために暗号資産を宣伝したり、非現実的な資産価格予測を行ったりしていることを嘲笑するためにも使用されることがあります。

このキャッチフレーズは暗号資産コミュニティで人気がありますが、元々ロシア系オーストラリア人のボディービルダーである故Aziz “Zyzz” Shavershian氏によるオンラインのモチベーション動画に由来しています。 このフレーズは、Wallstreetbetsによって2021年に広まりました。Wallstreetbetsは、メンバーがオプションや株取引について話し合うサブレディット(subreddit)コミュニティであるWSB、または/r/wallstreetbetsとしても知られています。 WSBは、投機性の高いオプション取引における積極的なトレード戦略で人気があります。 この用語は、サブレディットから暗号資産シーンに伝わり、暗号資産文化の一部になりました。

  • 「今ビットコインを売るなよ、WAGMI」
  • 「主流派によると、ビットコインは消滅するってよ。まただよ、その話。WAGMIだよな」
  • 「私たちって、暗号資産市場サイクルの最終段階にいるみたい。ほぼ買い時だよね。個人的にWAGMIを信じてる」

Halving (半減期)

暗号資産の半減期とは、ビットコインなどの特定の暗号資産で発生するイベントで、新規コインの発行率を低下させ、希少性を維持します。

定義

DYOR(自分でリサーチ)

DYOR(Do Your Own Research=自分でリサーチ)は一般的な暗号資産スラングで、投資家は、プロジェクトに投資する前に広範な調査を行う必要があるという考えを指します。

定義

1秒あたりのトランザクション数(TPS)

1秒あたりのトランザクション数(TPS)は、あるネットワークが1秒間に処理できるトランザクションの数です。 これは、あるネットワークのトランザクション速度を評価するために使用される測定値です。

定義