新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

シードフレーズの意味

2024年4月22日 | アップデート 2024年4月22日
シードフレーズは、特定の暗号資産ウォレットに関連付けられたすべての秘密鍵を表すランダムに生成された一連の単語です。このフレーズにより、ウォレット自体へのアクセスが失われた場合でも暗号資産ウォレットの内容を復元できるようになります。

シードフレーズとは?

シードフレーズは、リカバリーフレーズ、バックアップフレーズ、またはニーモニックフレーズとも呼ばれ、パスワードとして使用される無作為な一連の単語を指します。通常、シードフレーズは12単語または24単語で構成され、ユーザーが最初にウォレットを設定するときに生成されます。 このフレーズは、暗号資産ウォレット内の資産にアクセスしたり、資産を復元したりするのに使用されます。

その単語は2048単語のリストから生成されます。 以下にシードフレーズの例を示します。

ability, acoustic, disease, magnet,
snow, agile, dish, tube,
turkey, football, border, cake.

シードフレーズでは大文字と小文字は区別されません。

その仕組みとは?

このフレーズはいわばマスターキーとして機能し、ユーザーに秘密鍵へのアクセスを許可することが可能です。 秘密鍵はブロックチェーンアドレスに保管されている資金をその人物が所有していることを認証し、当該ウォレットに反映されます。

ウォレットにアクセスできなくなっても、資金はブロックチェーン上にそのまま残ります。 シードフレーズを使用すると、ウォレットへのアクセスを取り戻すことが可能です。 ただし、フレーズを紛失した場合は資金を取り戻すことができません。

シードフレーズを安全に保管する方法

シードフレーズは資金を保護するのに不可欠であり、適切に管理する必要があります。 あなた以外の誰かがフレーズを手に入れることができる場合、その第三者はあなたの暗号資産ウォレット全体をリモートで復元し、ブロックチェーンに保管している資金にアクセス可能です。

自分自身にメールやチャットのメッセージを送信してシードフレーズを電子的に保管した場合、アカウントがハッキングされるとシードフレーズも流出する可能性があります。 シードフレーズを暗記することがセキュリティを確保する最善の方法ですが、簡単なことではありません。 単語の1つを忘れたり順番を間違ってしまうと、資金にアクセスできなくなります。

シードフレーズを適切に保護するには、次のような方法があります。

  • オフラインで保管する。
  • Cryptosteel CapsuleやBillfodlなどの金属プレートにフレーズを彫刻する。
  • 貸金庫、金庫、またはその他の安全な場所に保管する。
  • 最初にハードウェアデバイスでシードフレーズを生成した場合は、その同じフレーズを別のハードウェアデバイスにシードすることでウォレットのバックアップとして使用できます。

1秒あたりのトランザクション数(TPS)

1秒あたりのトランザクション数(TPS)は、あるネットワークが1秒間に処理できるトランザクションの数です。 これは、あるネットワークのトランザクション速度を評価するために使用される測定値です。

定義

Jager

Jagerは、暗号資産 BNB (Binance Coin) の一部を表す測定単位です。

定義

ユーティリティトークン

「ユーザートークン」としても知られるユーティリティトークンは、所有者に分散型アプリケーションまたはエコシステムの機能へのアクセスを提供し、そのシステムの経済を形成する特定の機能を果たします。 これには、DEX(分散型取引所)、メタバースプラットフォーム、またはブロックチェーンベースのWeb3プラットフォームが含まれる可能性があります。

定義