新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

FOMOの意味

2024年4月23日 | アップデート 2024年4月23日
FOMOは「fear of missing out(逃すことへの恐怖)」の略で、トレーダーが収益性の高い投資や取引機会を逃していると考えるときに経験する不安や恐怖です。

暗号資産のFOMOとは?

FOMOはあらゆる社会的またはビジネス環境で使用できますが、暗号資産業界でのFOMOは、特に、暗号資産空間で次の大きなチャンスを逃し、大きな利益を得る機会を逃しているという強烈な感覚を指します。 FOMOは通常、検証されていない情報に基づいて暗号資産を売買するという、感情的な決定を促すと考えられます。

例えば、多くの新しいトレーダーは、暗号資産が好調で利益を逃したいと考え、史上最高値で暗号資産を購入することがあります。 これは、さらなる価格変動について多くのソーシャルメディアやオンラインの憶測がある場合に特に一般的です。 同様に、多くのトレーダーは、FOMOによって、資産をピーク価格で売却するのを拒否します。この状況では、そのトレーダーは、潜在的な価格変動に基づいて将来の金銭的利益を失うことを恐れています。 どちらの場合も、トレーダーは利益を失います。なぜなら、彼らは飛び込んで最高値で買うか、大幅に安い価格で売るからです。

FOMOの背後にある心理学

トレーディング心理学によると、ほとんどのトレーダーは強気相場の頂点付近でFOMOを経験します。 この時点では、市場心理(センチメント)はポジティブで、価格は上昇しています。 上昇トレンドが続き、すべてがうまくいくと感じており、価格が高くても今購入すれば、より多くのお金を稼ぐことができると考えます。 FOMO主導型の場合は、次のような経験をする可能性があります。

  • 自分のオープンポジションに対する不安と絶え間ない執着
  • ソーシャルメディアのニュースやトレンドを極度にフォローしてしまう
  • 人気や大幅な価格変動による投資判断

しかし、FOMOはマイナスの結果につながる可能性もあります。 これは、ポンプ・アンド・ダンプ(風説の流布)スキーム(構想、悪巧み)で使用される主要な心理的ツールであり、悪意のある人物らが、巨額の利益を逃そうとしている投資家を説得し、投資を促します。 一例として、SQUIDコインのラグプルスキーム(詐欺)が挙げられます。このスキームは、ソーシャルメディアの誇大広告と投資家たちのFOMOに基づいて注目を集めましたが、その後価値が急落しました。

暗号資産でFOMOに対処する方法

FOMOに対処し、危険な取引決定を回避するためのヒントをいくつかご紹介します。

  • 取引日誌を書き、あなたが行った投資/取引の動きをすべて記録し続ける。 戦略、リスク管理計画、および感情を記録して、戦略的な取引と、FOMOから行われた取引の結果を比較することで、物理的にそれらの結果が確認できます。
  • トレード計画を立て、それを守る。 そうすれば、感情的な取引が避けられます。
  • 詳細なリスク管理戦略を作成する。 これにより、いつ利益を得るか、ロスカット(損失を削減)するかを明確に理解できます。
  • 取引を決定する前に、独自の調査を行う。 ソーシャルメディアの誇大広告に基づいてトレード戦略を立てたり、インフルエンサーに依存したりしない。 信頼できる新しいメディアのニュースをフォローし、その情報源からの情報を確かめる。

1秒あたりのトランザクション数(TPS)

1秒あたりのトランザクション数(TPS)は、あるネットワークが1秒間に処理できるトランザクションの数です。 これは、あるネットワークのトランザクション速度を評価するために使用される測定値です。

定義

ブロックチェーンエクスプローラー

ブロックチェーンエクスプローラーは、ユーザーがパブリックブロックチェーンネットワークに移動して情報を確認できるようにするツールです。

定義

Jager

Jagerは、暗号資産 BNB (Binance Coin) の一部を表す測定単位です。

定義