インフラとは?

読む 5 分

重要なポイント:
— Ethereumは世界で最も普及しているブロックチェーンであり、ブロックチェーンベースのアプリケーションをグローバルに展開したいと考えている開発者の大多数が利用しています。

— しかし、dAppsをEthereumブロックチェーンに接続するためには開発者がノードを実行する必要があり、これは困難でお金がかかります。

— Infuraはノードプロバイダーであり、開発者は Infura自体が管理するノードを介してEthereumブロックチェーンに「プラグイン」できるため、開発者の時間、お金、作業を節約できます。

— これにより、システムは繁栄しましたが、システム全体の性質に深刻な影響を与えました。 ここでは「Infuraとは何か」を問いかけ、Web 3.0への影響を考察しています。

Web 3.0の背景には何があるか、考えてみたことはありますか? 重要なことなので、考えてみましょう! ここでは、「Infuraとは何か」という問いから、Web 3.0の現状とその将来について、重要な示唆を提示します。

Web 3.0の決定的な特徴は分散化です。 中央の組織がシステムに影響を与える力を持たないシステムでは、お客様や私のようなユーザーが運転席に戻り、私たちのデータ、アクセス、表現の自由をより制御できます。

Web 3.0はブロックチェーンという、完全に制御が分散化されたネットワーク上にエコシステムを構築することでこれを実現しています。 ブロックチェーンネットワークは、停止、操作、検閲が不可能であり、このレジリエンス(システム障害などからの迅速な回復力)は、すでにご使用かもしれない何千もの分散型アプリケーションの基盤となります。例えば、DeFiNFTマーケットプレイスブラウザ拡張機能などは、その好例です。

これらすべてがブロックチェーン上に構築されているため、Web 3.0は「常時稼働型」のdAppsの完全に機能するエコシステムになるはずですよね?

分散型アプリ、集中型システム

まあ、正確にはそうではありません。 分散型のWeb 3.0ユートピアにおいても、dAppsを実現するにはブロックチェーンだけでは不十分です。 もちろん、Infuraの話です。

この記事では、Web 3.0が実現すべき重要なミッションについて詳しく見ていきます。 Infuraとは何か、なぜEthereumのエコシステムに不可欠なのか、また、それがWeb 3.0のコアミッションと未来にどのような影響を与えるでしょうか?

では、考察していきましょう!

まず第一に、Infuraとは?

ブロックチェーンは、純粋な形で、価値を移動させることが可能なシステムであり、これは無限に近い実用性を備えています。 ですが、私たちの多くが行っているようなトランザクションでは、単に送付したり受け取ったりするだけでなく、より洗練されたものが必要でした。つまり、そのトランザクションに様々な条件を追加できるようにする必要がありました。 2015年、Ethereumはその声に応え、スマートコントラクトを世に送り出しました。これは、ブロックチェーンのトランザクションに適用できる自己実行型の契約で、これによりEthereumは、価値を伴うあらゆるユースケースにプログラム可能なブロックチェーンになりました。

Ethereumのブロックチェーンは、価値の移転や、 そして スマートコントラクトによる複雑なインタラクションをサポートできるようになり、このネットワークは開花するスペースの基盤となりました。ブロックチェーンは、その台帳インフラ上にアプリケーションを構築しようとする開発者が使用することができ、DeFi、ユーティリティプラットフォーム、NFT取引所などから構成されるエコシステム全体が、Ethereumの軌道上に急速に出現しました。

しかし、その有用性にもかかわらず、Ethereumブロックチェーン上での構築は、開発者にとって複雑になる可能性があります。すなわち、そのスマートコントラクトと対話するには、特別なノード(ソフトウェアの一部)を実行する必要があり、これにはコストと時間がかかり、維持が困難になる可能性があります。

Infuraのサービスとしてのノード

解決策についてですが、 この部分を単にアウトソーシングして、開発者はプロジェクトに集中できるようにし、ノード処理は誰か他の人に対価を払って任せてはどうでしょうか? それこそが、Infuraがやっていることです。

Infura は、開発者の生活を楽にするように設計されています。 今では、Ethereumでアプリを起動するために独自のノードを構築して維持する代わりに、開発者はInfuraの「サービスとしてのノード(nodes-as-a-service)」を利用して、個別に作業を完了することができます。 これには、発展途上のWeb 3.0ユニバースにとって重要な利点がいくつかありました。

Web 3.0開発者のためのイノベーションの促進

ノードの複雑な問題に対処することで、Infuraは開発者のイノベーションを促進し、開発者はEthereumのユーティリティを簡単に利用して、独自のプロジェクトをWeb 3.0市場に投入できるようになりました。

ユーザーの多様性を実現

そして、これは開発者だけでなく、Web 3.0のユーザーにもメリットをもたらしました。起動プロセスが合理化されたことで、さまざまな分散型アプリケーションをこの分野に持ち込むことができ、ユーザーに膨大なオプションと選択肢を与えることができました。

Ethereumエコシステムを強化

そして最後に、Web 3.0の人間に対するメリットを超えて、Infuraはそのシステム自体を強化するのに役立ちました。 これにより、プロジェクトがスケーラブルになり、システム全体が他の分野では見られない速度で拡張・開発されました。 このようなスピード感のある開発が、Web 3.0の特長であり、Infuraはその一翼を担っています。

Infuraの問題点:中央集権化への回帰?

ここまで聞くと、素晴らしいことだと思いますよね? ですが、それには代償が伴います。 冒頭の話に戻りましょう。

分散化はWeb 3.0の主な信条です。1つの中央組織に依存するプラットフォームやシステムは、巨大な力の不均衡を生み出し、その1つの組織がシステム全体の「オフ・スイッチ」として機能する可能性があります。 また、多くのdAppがノードプロバイダーとしてInfuraに依存しているため、Infuraに問題が発生するとシステム全体に問題が発生することになります。

停止

これは、最近の例からも容易に確認できますが、Infuraの障害によってEthereum dAppsのエコシステムの大部分が同時にダウンしました。

BinanceやMetaMask(そう、業界の大御所!)のような多くのプラットフォームが、EthereumやEthereumベーストークンを使用する機能を停止しなければならなかったほどです。つまり、これらのプラットフォームのいずれかをウォレットとして使用していた場合、暗号資産の制御が制限されていました。

検閲

集中型サービスとして、Infuraは政府やサードパーティによって追跡されることもあり、操作は検閲される可能性があります。 これは、分散型空間の核心に反し、Web 3.0を比類なきものにしている主なものを根絶してしまいます。

要するに、Infuraはノードをサービスとして提供することでWeb 3.0開発者の主要な問題点に対処した一方で、アプリ自体が分散化されていたとしても、意図せずしてエコシステムの中心的な障害点にもなりました。

Web 3.0インフラストラクチャの未来

将来、Web 3.0が完全に分散化される場合、次のステップは、システムのレジリエンス(回復力)と自律性を高め、単一障害点(システム全体の障害となる箇所)による影響を受けにくくする方法について真剣に検討することです。

これは、例えば、各プロジェクトが独自のEhereumノードを実行していることを意味する可能性があります。 これを実現するには、将来のインフラストラクチャは、集中化されたサービスプロバイダーに頼ることなく、開発者がノードをセットアップするプロセスをより速く、より簡単に、より安くする必要があります。

知識は力なり

未来に何が起きようと、Infuraはブロックチェーン空間にとって非常に重要であり、次世代のインターネットにとって重要な足がかりです。 システムが発展と進化を続ける中、私たちのようなユーザーにとって最善の策は、システムがどのように機能するかについての深い知識を身につけることです。つまり、プラットフォームやサービスを超えて、システム全体の基盤に目を向けることを意味します(話が明確でない場合がよくありますが)。

自分を信じて、この時間を使って学習を続けてください。Web 3.0は急速に確たる形へと発展していますが、ぜひLedger Academyを活用し、確実にその最先端に居続けてください!

知識は力なり


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]