暗号資産のステーキング

読む 5 分
ステーキング

重要なポイント:
—ブロックチェーンとは、ルールに基づいて新しいトランザクションを承認する分散型の台帳を指します。 プルーフ・オブ・ステークのルールでは、ネットワーク参加者が暗号資産をステーキングしてトランザクションを検証し、報酬を獲得します。

—暗号資産のステーキングは一見複雑ですが、Ledgerのようなウォレットプロバイダーなら誰でも簡単に利用可能。確実に報酬を獲得できます。

— Ledgerバリデーターノードを使用して、ウォレットから直接ステーキング可能。信頼できるバリデーターを通じて、報酬を獲得できるようになりました。

暗号資産のステーキングは、面倒な作業をせずに暗号資産を増やしながらネットワークに積極的に参加できる簡単な方法です。暗号資産のステーキング方法をご覧ください。

暗号資産を所有しているあなたは、おそらく最近の上昇相場を経験していることでしょう。 いつも通りの生活をしているだけで資産が増えていくのを見るのは、心が躍るものです。

その運用をさらに効率化する方法をご存知ですか? 革新的な方法で資産運用を行わない場合、みすみす利益を逃してしまうことにつながります。 資産を増やすには?

このガイドでは、暗号資産を成長させるおすすめの方法について詳しくお伝えします。 それはステーキングです。 難しい知識で頭を悩ませる必要はありませんので、ご安心ください。

暗号資産のステーキングとは?

暗号資産がフィアット通貨と異なる要素の一つは、使用者によって管理されていることです。Bitcoinは、何千人ものネットワーク参加者(ノード)によるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれる コンセンサスプロトコルを介した協力体制によって支えられています。 ノードはコンピューティングデバイスを使って複雑なパズルを解き、要求された新しいトランザクションのセットを検証する必要があります。

しかし、PoWプロトコルはエネルギーを大量に消費するため環境への影響が議論されています。 すべての暗号資産のイノベーターがこのような状況を望んでいたわけではありません。 一部はより環境に優しく、より持続可能な方法で、暗号資産のトランザクションを検証したいと考えていました。

そこで生まれたコードが、Proof-of-stake(PoS)プロトコルと、その新バージョンであるNominated proof-of-Stake(NPoS)です。

PoSプロトコルでは、ブロックチェーンノードに高いコンピューティングデバイスの採用を義務付ける代わりに、ステーキング(デリゲート)して、暗号資産を使用することが求められます。 ノード自身の資金がかかっているため、ステーキングされた金額はトランザクションの検証を担当するノードが誠実に行動することを証明する役割を果たします。

通常PoSブロックチェーンでは、各ノードがステーキングした金額に応じて新しいトランザクションのセットを検証するバリデーターをランダムに選択します。 より多くの暗号資産をステーキングしているノードは、誠実に行動する可能性が高いため、ネットワークではステーキング額が低いノードよりも価値の高いトランザクションを承認することができます。 ノードが一連のトランザクションを検証すると、ネットワークはそのノードが所有する暗号資産で報酬を与えます。

それがステーキングの報酬です。 ここに暗号資産を成長させるチャンスがあります。 今こそ参加する時です。

暗号資産のステーキングは簡単

バリデーターになってブロックチェーンノードを実行するには、高額の暗号資産をステーキングする必要があり、その管理は困難な作業となります。

例えば、Polkadot(DOT)ネットワークでは、各バリデーターがステーキングするDOTトークンの数に応じて1,000人のバリデーターのみを受け入れています。 さらに、ペナルティを防ぐ目的から、バリデーターノードがほとんどの時間ライブであることを保証するために、高可用性サーバー上でシステムを運用する必要があります。 それだけでなく、クラウドサーバーの設置やクライアントソフトのインストールなどの技術的な問題もあります。

「最初の話と違うよ。難しいじゃないか!」と思われるかもしれません。

確かにそうです。 こんなに大量の暗号資産を所有している人は、少ないでしょう。 高速インターネットで24時間体制でシステムを運用したり、技術的なことを理解する余裕もありません。

嬉しいことに、そのようなことをする必要はないのです。 Ledgerは常に、数回ボタンを押すだけで暗号資産のステーキングを行い、資産を成長させることができるとお伝えしてきました。 理由があります。

ブロックチェーンのバリデーターノードになるのではなく、暗号資産をノードにデリゲートするのです。 これによって、任意の少額の暗号資産を自由にデリゲートでき、ステーキングしたトークンの数に比例した報酬を得ることができます。 さらに、ネットワークからの報酬を得るために、一日中コンピュータを作動させておく必要もありません。

所有している暗号資産トークンの数が100個でも200個でも500個でも関係なく、資金をステーキングして即座に新たな収入源を増やし、富を増やしていくことができます。 現在のレートでは、暗号資産をステーキングすることで、そのトークンに対して5%~14%の年利を得ることができます。

暗号資産のステーキングでの一番のポイントは、複利が有利に働くことです。 毎回獲得できる利息は、前回の報酬がウォレットに入金された後に保有しているトークンの合計金額から計算されます。

つまり、100 DOTをステーキングして最初の報酬として1 DOTを受け取った場合、次の報酬は101 DOTで計算されることになります。 複利の場合、最初の成長は遅く感じられるかもしれませんが、長期に渡ってステーキングすることでポートフォリオに大きな変化をもたらすことができます。

これは、普通預金の1%以下の利息よりもはるかに良いリターンといえるでしょう。 さらにステーキングで得られる収入は、保有する資産の価値の上昇に上乗せされています。

ステーキングを始める準備はできましたか? その方法をお伝えします。

ウォレットから直接暗号資産をステーキングする

ステーク・アズ・ア・サービスのプラットフォーム、暗号資産取引所、非カストディアルのハードウェアウォレットからのステーキング、DeFiステーキングが暗号資産のステーキングの最も一般的な方法です。 その中でも、最もシンプルで柔軟性に富み、一番の安全性を誇るステーキング方法がハードウェアウォレットです

その理由とは?

ステーク・アズ・ア・サービスのプラットフォームは、高額な手数料を請求することが多く、最終的に手元に残るステーキング報酬総額が少なくなってしまいます。 暗号資産取引所の場合、それよりもひどい問題があります。 まず、取引所のウォレットで保有している暗号資産は本当の意味で所有・管理することはできません

加えて、こうした会社は高いサービス料を請求するため、ステーキングから得られる合計報酬額に影響を与えます。 取引所では、資金をデリゲートするバリデーターを選択することもできません。

一方、Ledger Nanoのようなハードウェアウォレットでは、自分の暗号資産を完全に管理します。可能な限り最大のステーキング報酬を獲得することができるのです。 高い安全性と収益性を両立しているのです。 さらに、数ある暗号資産の中から選ぶことができ、自分の好みのバリデーターに資金をデリゲートできる自由度もあります。

Ledger NanoとLedger Liveアプリを使用して、Algorand(ALGO)、Tezos(XTZ)、Cosmos(ATOM)、Tron(TRX)、Ethereum(ETH)、Polkadot(DOT)を含む、8つのコインをステーキング可能です。 非カストディアルのハードウェアウォレットからステーキングする最大のメリットは、自分の暗号資産を手放す必要がないということです。

暗号資産をステーキングすることを決めたら、そのアプリケーションをウォレットデバイスにインストールし、Ledger Liveにアカウントを設定。資金をアプリケーションに移動させます。 その後は、ステーキングしたい暗号資産に応じていくつかの簡単な手順に従うだけです。 あとはウォレットに処理を任せるだけで、報酬を獲得するたびにアカウントに資金が追加されます。

Ledgerバリデーターノードから直接ステーキング

Ledger独自のバリデータノードから、Ledgerハードウェアウォレットを使用して直接ステーキングが可能になったことをご存知ですか? これにより、信頼できるプラットフォームから安全にステーキングの世界へ入ることができます。 Ledgerバリデータノードからステーキングする方法については、こちらをご覧ください。

ステーキングやその手順を理解できれば、そこに座ってカクテルを飲んでいる間に、暗号資産が成長するのを見ることができます。

準備はできましたか? 今こそLedger Liveを通じてLidoステーキングサービスを利用しましょう。

知識は力となります。今後も学び続けましょう。 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画をご覧ください。 DeFiとは?


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]