基礎

経路 4. 運用を続ける

チャプター 1/4

暗号資産を貸し出す

読む 5 分
重要なポイント:
— より多くのユーザーが仲介者のいない方法で価値を交換するようになったため、分散型の貸借取引プラットフォーム(プロトコルと呼ばれる)の需要が急速に高まっています。 これらのプラットフォームでは、ユーザーが暗号資産を担保にお金を借りたり、暗号資産を貸し出して収益を得たりすることができます。
— USDTやUSDCなどのステーブルコインを所有している場合でも、それらを貸し出すことで、利息としてリターンを得ることができます。
— 暗号資産を貸し出す方法はいくつかありますが、最も安全なのはハードウェアウォレットから直接貸し出すことです。

暗号資産のレンディングを利用すれば、大きな手間やリスクなしで資産を運用することができます。 ここでは、暗号資産を貸し出す方法について説明します。

ステーキングはとても優れたシステムです。 前回のガイド記事では、暗号資産をステーキングして運用する方法について説明しました。 しかし、それだけではありません。 さほど手間をかけずに、暗号資産を運用できる方法が複数存在するとお話ししたはずです。 この記事では、暗号資産のレンディングの概念と、それを利用して追加の収入源を確保する方法について説明します。

融資と借入は、古くから世界の経済インフラの一部として定着しています。 しかし、暗号資産が価値の交換手段に変革をもたらしたことで、私たちは今、従来の収益性の低いパラダイムに代わる選択肢を手に入れたことになります。 それは分散型金融、通称DeFiと呼ばれるものです。

ウォレットに暗号資産を寝かせたまま保有している場合は、他の暗号資産ユーザーに高い金利で貸し出すことが可能です。

その方法を詳しく知りたいですか? さっそく見ていきましょう。

なぜ暗号資産で貸し借りをする必要があるのでしょう。

「ローン」という言葉について考えてみましょう。 何が思い浮かびましたか? 長い銀行の列? あなたの話をきちんと聞いてもいない融資担当者の顔? 膨大な書類? いずれにせよ、あなたは銀行があなたのお金を使って融資を行い、そこから莫大な利益を上げるのを指を咥えて見ることになります。当然、銀行があなたに支払う報酬(利息)は微々たるものです。

まったくもって、面白い話ではありませんね。

自分を大切に扱ってくれ、気軽に利用できるサービスを求める人が多いこの世の中では、銀行から融資を受けるという伝統的なやり方は、まったく魅力的に映らないことでしょう。

こういった銀行にお金を預けている人にとっても、喜ばしい話はどこにもありません。 銀行は借主に資金を貸し付けますが、それによって儲けた利息のごくわずかしか預金者には還元しないのです。

このような理由から、最小限の手続きですぐに利用可能なローンを提供できるプラットフォームの需要が高まっています。

私たちが何を言おうとしているのか、もうお分かりでしょう。 そう、暗号資産がその問題を解決するのです。

最近、Defiプロトコルは大きな注目を集めています。 ユーザーは長い列に並んだり、50ページの契約書を読んだり、大量の書類に署名したりすることなく、すぐに融資を受けることができます。

これらのプラットフォームでは、銀行などの仲介者の代わりに、スマートコントラクトと呼ばれる自己実行型の契約が使われています。 スマートコントラクトにより、個人間で暗号資産を直接貸し借りすることができるのです。

スマートコントラクトは、その名の通り、お金の貸し借りを人間の干渉なしに処理することができる、スマートにコード化された契約を意味します。 つまり、このプロセスは完全に自動化され、お客様は暗号資産によって発生した利息の主な受益者になるということです。

レンディングは、ボラティリティの低い(変動の小さい)資産に投資したいと考えている人が、受動的な収益を得るのに最も適した方法です。 ステーブルコイン所有してそれを貸すことで、年利1~11%、時にはそれ以上の利益を得ることができます。

専門的すぎましたか? 11%以上? はい。 そう、その通りです。

しかし、当事者の責任を管理する仲介者が不在の場合、資金の安全性はどうなるのでしょう? 借主がお金を持ち逃げしないという保証は? そこで登場するのが、担保型ローンです。

担保型ローンとは

聖人のごとき親友を除いて、担保なしであなたにお金を貸してくれる人は恐らくいないでしょう。 たとえば、自分が所有している土地に家を建てるために銀行でローンを組もうとした場合、銀行はその土地を担保として要求することができます。 そうすることで、銀行は、あなたが支払いが滞った場合に、担保の土地を没収してお金を取り戻せる法的な権利を確保しています。

今は銀行ローンの話ではないですが、暗号資産の世界における担保型ローンも同じように機能します。 しかし、銀行とは異なり、ほとんどの暗号資産のレンディングプラットフォームは過剰担保ローンを採用しています。 たとえば、レンディングプロトコルのCompoundでは、最低でも借入額の150%相当のEther(ETH)を担保に入れる必要があります。 つまり、借主が1,000ドルを借りたい場合、最低でも1,500ドル相当のETHを担保としてロックしなければなりません。

また、ロックされたETHの価値が総借入額の150%を下回った場合、借主に追加のペナルティが課されます。 このペナルティを回避するため、多くの場合、ユーザーは必要最低額をはるかに上回る担保を入れます。

このように過剰な担保を設定することで、借主が返済不能に陥った場合でも、貸付金の安全性を確保することができるのです。

如何せん「過剰すぎる」感じがしないでもありませんが。

銀行の利用を最小限に抑えたい気持ちになってきましたか? ちょっと待ってください。 では、銀行を使わずに、暗号資産を貸し出して運用する方法を見ていきましょう。

ここでは、暗号資産を貸し出す方法について説明します。

暗号資産を貸し出して追加の収入源を確保し、資産を増やす心構えはできましたか? これには複数の方法があります。 自分に合った方法を選ぶことで、より快適に資産運用を行うことができます。

CompoundAaveなどの分散型プロトコルは、設定された金利で暗号資産を貸し出します。 そこで、貸し出したい暗号資産を送金するば、あとは利息が発生していくのを待つだけです。 記録を保持する仲介者は存在しないため、スマートコントラクトは、あなたが貸し出した金額の証明となる債券を割り当てます。 たとえば、Compoundでは、貸し出した暗号資産に対してcTokenが付与され、利息が発生するとcTokenがウォレットにさらに追加されます。

複雑すぎると感じる場合は、中央集権型のプラットフォームを利用して暗号資産を貸し出すことも可能です。 しかし、繰り返しお伝えしているように、中央集権型のサービスの場合、自分で暗号資産を所有していることにならないばかりか、サービス手数料を請求される場合もあります。

利息の受け取り方法は?

シンプルに。 Compoundを使用している場合、cTokenをスマートコントラクトに送り返せば、コントラクトは元本の暗号資産を獲得した利息とともに返却してくれます。 とはいえ、暗号資産をどのように貸し出して運用するかは、あくまでもあなたの自由です。

レンディングは、DeFi革命のほんの一部に過ぎません。 先行利益のチャンスはまだたくさん溢れています。 DeFiに関するSchool of Blockのエピソードで、今後の方向性をしっかりとチェックしましょう。

注意事項:取引、レンディング、その他暗号資産のトランザクションはサードパーティパートナーによって提供されています。 Ledgerは、これらサードパーティサービスの利用に関する助言や推薦を行うことはありません。


関連資料

お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]