新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

メインネットの意味

2024年4月23日 | アップデート 2024年4月23日
メインネットは独立した完全なブロックチェーンであり、それ自体で実行されます。また、そこですべての暗号資産トランザクションがブロードキャスト、認証、処理され、分散型台帳に記録されます。

暗号資産におけるメインネットとは?

開発者たちによって完全に運用され、展開されているブロックチェーンネットワークです。 ビットコインとイーサリアムは、どちらもメインネットです。 この用語は、「テストネット(Testnet)」と対比して使用されます。テストネットはまだ進行中で展開の準備が整っていないブロックチェーンプロジェクトです。 テストネットは、メインネットネットワークのすべての機能のトラブルシューティングとテストによく使用されます。

テストネットとメインネットの違い

メインネットはライブブロックチェーンネットワークですが、テストネットはそれと並行して実行される同一のネットワークです。 これは従来のウェブサイトの開発サイトと同様、模擬システムです。そこで開発者たちは新しいアイデアを試し、フィードバックを収集し、システムの有効性をローンチ(開始)前に確認できます。

また、テストネットを使用すると、開発者は、メインネットに変更を実装する前に、アップデートとコードをテストし、アプリケーションを構築し、エラーやバグを検出することもできます。 テストネットはライブではないため、同ネットワークに大きな混乱を引き起こすリスクはありません。

テストネットとメインネットは補完的な関係にあり、ブロックチェーンネットワークのスムーズな移行を可能にします。

例えば、イーサリアムのマージにおける様々な要素は、メインネットに実装される前にテストネットで運用されています。 同ネットワークはプルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work:PoW)コンセンサス(合意)メカニズムから、プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake:PoS)コンセンサスメカニズムに移行し、開発者たちはイーサリアムでの最終マージが行われる前に、テストネットのリハーサルを3回実施しました。

開発者たちがプロジェクトの初期段階でテストネットを使用してエラーを検出した上で、完全に機能するメインネットでの実装が行われました。

マーケットキャップ(時価総額)

マーケットキャップは、暗号資産の合計価値の尺度です。 これは、コインの現在の市場価格に利用可能な供給量を乗算して計算されます。

定義

Bitcoinドミナンス

Bitcoinドミナンスは、ビットコインのマーケットキャップ(時価総額)と暗号資産市場全体のマーケットキャップとの比率です。

定義

シードフレーズ

シードフレーズは、特定の暗号資産ウォレットに関連付けられたすべての秘密鍵を表すランダムに生成された一連の単語です。このフレーズにより、ウォレット自体へのアクセスが失われた場合でも暗号資産ウォレットの内容を復元できるようになります。

定義