新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

1秒あたりのトランザクション(TPS)の意味

2024年3月27日 | アップデート 2024年3月27日
1秒あたりのトランザクション数(TPS)は、あるネットワークが1秒間に処理できるトランザクションの数です。 これは、あるネットワークのトランザクション速度を評価するために使用される測定値です。

暗号資産における「1秒あたりのトランザクション数」とは?

暗号資産では、TPSはブロックチェーンが1秒間に実行できるトランザクションの最大数を表します。 これは、ネットワークの速度とスケーラビリティ(拡張性)を測定するために使用されます。

PaypalやVisaなどの中央集中型システムは、通常、大半の分散型ネットワークよりもTPSが高くなっています。 PaypalのTPSは193ですが、VisaのTPSは1700です。 一方、BitcoinのTPSは7です。

ブロックチェーンのTPSを計算するには、ブロック時間、ブロックサイズ、平均トランザクションサイズの3つのデータが必要です。

  • ブロック時間:あるネットワーク上でトランザクションを承認するのに必要な平均時間
  • ブロックサイズ:1つのブロックが保管できるトランザクションデータの量。
  • トランザクションサイズは226バイトから500バイト間で変化します。

TPS =(ブロックサイズ/トランザクションサイズ)/ブロック時間。

TPSが重要な理由は?

ネットワークのTPSが重要な理由は、TPSはリアルタイムでトランザクションを処理するネットワークの能力と、将来の新しいユースケース(活用事例)や新しいユーザーに対応するために拡張できる可能性を測定するためです。 スケーラビリティ(拡張性)は、ブロックチェーンネットワークの他の2つの重要な機能である、分散化とセキュリティとは逆の関係にある傾向があります。 3つすべてを達成するのはバランスが難しく、この課題がブロックチェーンエコシステムのイノベーションの多くを推進するものです。

ブロックチェーンのトリレンマ(三重苦)とは、最適なレベルのスケーラビリティ、セキュリティ、分散化を同時に達成するブロックチェーンを作成するのは難しいという考えです。 通常、他の特性が強化されると特性の1つが損なわれます。 例えばBitcoinはスケーラビリティが低いですが、安全性が高く、分散化されています。

一部のブロックチェーンは他のブロックチェーンよりもTPSが高い一方で、これは、セキュリティや分散化などの他の重要な特性を犠牲にする場合があります。 しかし、スケーラビリティは大規模な導入に不可欠であるため、多くの場合より魅力的です。

高いTPSを備えたブロックチェーン

TPSとスケーラビリティはブロックチェーンの他の属性、セキュリティと分散化の文脈で考慮する必要があります。

例えばBitcoinのTPSはわずか7ですが、最も安全で分散されたブロックチェーンの1つです。 現在EthereumのTPSは27ですが、Polygonは7000TPSを処理できます。Solanaは現在最もスケーラブル(拡張的)なブロックチェーンであり、スループット(TPS)が50000で、AvalancheのTPSは4500です。

EthereumのTPSはシャーディング(データベースの負荷分散方法)のアップグレードが完了すると、約10万まで大幅に増加すると推定されています。

DYOR(自分でリサーチ)

DYOR(Do Your Own Research=自分でリサーチ)は一般的な暗号資産スラングで、投資家は、プロジェクトに投資する前に広範な調査を行う必要があるという考えを指します。

定義

WAGMI

WAGMI は「We're All Gonna Make It(私たちは皆成功する)」の頭字語で、不確実性と闘い、暗号資産市場への信頼を築くために使用される用語です。 これは暗号資産市場に希望を取り戻すことを目的としたスローガンですが、皮肉的に使われることもあります。

定義

パブリックブロックチェーン

パブリックブロックチェーンは、単一の組織によって制御されない分散型ネットワークです。 世界中のどこからでも、誰でもアクセスできます。

定義