新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

ロックされた預かり資産(Total Value Locked:TVL)の意味

2024年4月23日 | アップデート 2024年4月23日
ロックされた預かり資産 (Total value locked:TVL) は、プロトコルでステーキングまたはロックされている資産の合計を指す指標です。

DeFiプロトコルでのロックされた預かり資産(Total Value Locked:TVL)とは?

暗号資産市場では、マーケットキャップ(時価総額)や供給量などさまざまな指標が使用されますが、ロックされた預かり資産は、分散型金融(DeFi)で使用される指標です。 これは、ユーザーによって、プロトコルでロックまたはステーキングされている資産の総量を測定します。 その資産はスマートコントラクトによって、投資家がステーキングした初期資金と一緒にロックされます。 また、TVLは、ステーキング、レンディング、流動性プール、利回り市場などのユースケースに応じてプロトコルから得られる報酬も考慮します。

トレーダーや市場アナリストは、TVLを使用してDeFiプロトコルの健全性とパフォーマンスを測定します。 DeFiプラットフォームのロックされたTVLが増加すると、その後の流動性、人気、使いやすさの向上につながります。

TVLが高いということは、プロトコルに健全な流動性プールがあり、より多くの資本がそのスマートコントラクトにロックされていることを意味します。 そのため、インセンティブや報酬を獲得したい投資家に人気があります。 一方、TVLが低いということは、資金の利用可能性が低下していることを意味し、結果として投資家にとっての利回りが低下します。

TVLの計算方法は?

TVLを計算するには、まず、担保資産、ステーキング資産、借入資産を含む、当該プラットフォーム内に現在ロックされているすべての資産の合計価値を決定します。 次に、これらの資産の価値は、USDや別のフィアット通貨などの標準化された単位に変換されます。 すべての資産の合計価値を合計することにより、プロトコルのTVLを決定可能です。

DeFiにおけるTVLの追跡は通常、この情報を取得するための一般的な情報源として機能する、データアグリゲーターを通じて行われます。 これらのプラットフォームは、さまざまなDeFiプロトコルからデータを収集してダッシュボードに統合し、DeFiエコシステムの全体的な拡大と導入を監視するプロセスを簡素化します。

TVLに加えて、投資家はDeFi資産が過小評価されているか過大評価されているかを判断するTVL比率にも注目することができます。 プロトコルのTVL比率を取得するには、マーケットキャップ(時価総額)をTVLで割ります。 資産のTVL比率が1を超える場合、その資産は過大評価されています。 TVL比率が1未満の場合、資産は依然として過小評価されていることを示します。

シードフレーズ

シードフレーズは、特定の暗号資産ウォレットに関連付けられたすべての秘密鍵を表すランダムに生成された一連の単語です。このフレーズにより、ウォレット自体へのアクセスが失われた場合でも暗号資産ウォレットの内容を復元できるようになります。

定義

べスティング(権利確定)

べスティング(権利確定:Vesting)とは、プロジェクト全体のトークン供給量の一定量が一定期間確保され、特定の条件が満たされた後にリリースされるプロセスです。

定義

FUD

FUDとは、「恐怖(Fear)、不確実性(Uncertainty)、疑惑(Doubt)」の頭字語で、暗号資産や市場に関する誤った情報や否定的な情報が拡散され、投資家に恐怖や疑いを抱かせることを指します。

定義