NFTの安全を確保するには?

読む 5 分
重要なポイント:
— NFTの注目は日に日に高まっており、この新しい分野には、アート、ゲーム、暗号資産のコミュニティから何億ドルもの資金が流れ込んでいます。
— NFTの人気の高まりは、アートや暗号資産ファンだけでなく、窃盗犯やハッカーをも魅了しています。
— 先日NFTマーケットプレイス「Nifty Gateway」がハッキングされたことで、資産の保護の重要性があらためて明らかとなりました。
— この記事では、極めて安全な2FA対応のウォレットにNFTを保管する方法を具体的に説明します。

なぜNFTを保護する必要があるのか、考えたことはありますか?

アーティスト、著名人、アートコレクター、そして学生までもが、非代替性トークン(NFT)のアートやコレクションに夢中になっています。

なぜ注目が集まっているのか? アメリカのデジタルアーティストBeepleは、自身が制作したNFTを6930万ドル以上で販売。現存するアーティストが販売した作品としては史上3番目に高額なものとなりました。 Beepleが興奮のあまり発したツイートは「Holy f**k(クソやべえ)」の一言でした。

WAVE.fr提供 (およびBeeple)

そんな高額取引は、急速にデジタル化が進む世界の大きな流れとともに、デジタルアートやコレクターズアイテムへの関心が高まっていることを示すものでした

NFTの世界では、数千万円程度のお金が小金に思えるほどです。 当然のことながら、アートファンがNFTを利用するようになればハッカーたちも集まってきます。 だからこそ、今こそNFTのセキュリティ対策を学ぶ必要があります。

NFTのセキュリティへの責任を持つ

せっかく苦労して購入したNFTのセキュリティを、軽視しないようにしましょう。 NFTは一体どのように守れるのでしょうか?

まずは、NFTを保管するのに適した暗号資産ウォレットを選ぶ必要があります。 ウォレットには、ソフトウェア(ホット)とハードウェア(コールド)ウォレットの二種類があります。

現在、ほとんどのNFTマーケットプレイスでは、プラットフォーム上でアカウントを即座に作成するのに使用されるソフトウェアウォレットを持つことが必要となっています。 こうしたソフトウェアウォレットは、インターネットに接続されているため、秘密鍵をある程度のリスクにさらすことになりますが、dAppやNFTマーケットプレイスでの通常のトランザクションがより便利になるという利点があります。 また、クレジットカードでNFTを購入するよりもはるかに安全です。

一方、ハードウェアウォレットは秘密鍵をインターネットから切り離すことで、究極のセキュリティを実現しています。 しかし、それではマーケットプレイスでNFTを直接売買することが困難になります。

さて、どちらを選ぶべきでしょうか? 使いやすさと究極の安全性を確保するため、両方を併用するのはいかがでしょうか。

Ledger Nanoは、ハードウェアウォレットのシリーズ製品で、MetaMaskのような信頼できるサードパーティのホットウォレットと接続することができます。 Ledger NanoをMetaMaskにと接続した場合にも、NFTを管理する秘密鍵はハードウェアウォレットに残ります。セキュアエレメントチップの中に保護されているのです。同時に、ホットウォレットで残高を読み取って管理することができます。

こうすることで、MetaMaskウォレットをOpen SeaのようなNFTマーケットプレイスに接続し、デバイスのセキュリティの中から簡単に資産を取引することができます。 ユーザーがアクションを起こすたびに、MetaMaskウォレットはLedgerデバイスにリクエストを送ります。 トランザクションは、ハードウェアウォレットの秘密鍵を使ってリクエストに物理的に署名/承認したときにのみ行われます。

これは、銀行が取引を承認するために携帯電話にワンタイムパスワードを送信するのと同じ仕組みですが、この場合はブロックチェーンの不変的な水準のセキュリティで行われます。 Ledgerデバイスをなくさず、リカバリーフレーズを保護している限り、誰もNFTを盗むことはできません。

Ledger NanoをMetaMask Walletに接続する

上記を読んで興味をお持ちになった方のために、ここではLedger NanoとMetaMaskを接続するための簡単な手順をご紹介します。

まず、秘密鍵を守るためにLedgerハードウェアウォレットを手に入れましょう。 Ledgerデバイスには、Ledger Live(モバイル版とデスクトップ版)と呼ばれるソフトウェアとご利用いただけます。これは、iPhoneのAppStoreに相当するもので、すべての暗号資産サービスへの安全な第一歩を提供します。アプリはこちらのリンクから無料でダウンロード可能です。

Ledger Liveを開き、左側の「アカウント」をクリックした後「Ethereumアカウントを追加」をクリック。Ethereumのアカウントを作成します。

その後、フィアット通貨($,£,€など)をEthereum(暗号資産)に変えることができるようになります。 ほとんどの場合、Ledger LiveのWyre/Coinifyから行うのが最も簡単な方法となります。

次に、Ledgerデバイスのセキュリティに保護されながら、MetaMaskのLedger Liveで作成したEthereumアカウントを使用できるようになります。

さっそく始めたくなりましたか? LedgerとMetaMaskを接続する方法をご紹介します。

ステップ 1: Ledger NanoとコンピューターをUSBケーブルで接続する。 同時に、ブラウザでMetaMaskウォレットを全画面で開く。

ステップ 2:MetaMaskウォレットの右上のメニューをクリックし、ドロップダウンメニューの中から「Connect Hardware Wallet」をクリックする。

ステップ 3:「Continue」をクリックすると、MetaMaskはコンピューターに接続されているLedgerデバイスを検出。 自分のウォレットを確実に発見できるよう、Ledgerデバイスのロックを解除する。

ステップ 4:ウォレットが検出され、MetaMaskに接続するLedgerアカウントが選択肢に表示される。 好みのものを選んで完了する(ない場合は Ledger Liveで作成する)。

ステップ 5:この最後の3つのステップで、すべてがスムーズに進むようにします。

  1. ハードウェアウォレットの画面に表示されている「Ethereum application」をクリックしてから「Settings」を選択。「Blind signing」を有効にする(ブラインド署名に伴うリスクに関しては事前にご確認ください)。 これを設定しないと、正常に動作しません。
  2. MetaMaskウィンドウを開き、右上のアカウントロゴをクリックした後、「Settings」までスクロールしてクリックする。 次に「Advances settings」をクリックし、下にスクロールして「WebHID」を有効にする。

これで完了ですMetaMask拡張機能で、Ledgerウォレットの残高を確認できるようになりました。 また、MetaMaskをサポートするすべてのブロックチェーンアプリケーションでトランザクションが可能です。 必要な操作は、Ledgerウォレットをお使いのデバイスに接続してLedger Liveを開き、トランザクションを確認して署名するだけです。

ステップ 6: さっそく開始しましょう。ログイン時にMetaMaskを選択することで、ハードウェアウォレットのセキュリティの中からお気に入りのNFTマーケットプレイスのすべてにアクセスできるようになりました。

お困りの際やご質問がある場合は、サポートページをご利用ください。

NFTをLedgerに移行して安全を確保

すでにお伝えしているとおり、暗号資産を「所有」するということは、ブロックチェーン上の特定の資産を指す秘密鍵を管理することです。 これにより、どのウォレットがどのNFTや通貨を所有しているかが記録・表示されます。 もし誰かがあなたのウォレットにアクセスした場合、資産を盗むことができてしまい、そのトランザクションは取り消し不可能です。

こうした事態を避けるためには、WalletConnectやMetaMaskなどのミドルウェアを介して、LedgerアカウントからNFTマーケットプレイスにログインしてトランザクションを行う必要があります。 他のアカウントにNFTがある場合は、必ずLedgerに移すようにしてください。 こちらの手順に従ってください。

  • 1- LedgerのEthereumアカウントをMetaMaskに接続する(上記参照)。
  • 2- MetaMaskを開き、入金先のアカウント(Ledgerアカウント)を選択し、入金アドレスをコピーする。
  • 3- NFTを含むアカウントを選択する(例:アカウント1)。
  • 4- OpenSeaに移動する。https://opensea.io/
  • 5- 転送したい#NFTを選択し、右上の転送アイコンをクリックする。 プレゼントのような画像。
  • 6- アドレス欄にLedgerハードウェアウォレットのアドレスを間違いのないように丁寧に入力、または貼り付ける。 転送をクリックする前に、必ず内容を再確認する。

おわりに

他の新しい技術と同様、分散型のスペースの仕組みを学ぶのは困難に感じるかもしれません。 それは私たちも同じでした。 だからといって、この技術によって得られる主導権やプライバシー、コントロール、そして経済的な自由を見逃す手はありません。

誰もが簡単に開始できるように、必要なすべての手順をわかりやすく説明する無料の教育資料をご用意しています。 文字を読みたい方や動画で学びたい方など、様々な学習方法をお選びいただけるよう、Ledger AcademySchool of Blockの2つを用意しました。

NFTや秘密鍵、ブロックチェーン、セキュリティなどその他記事でも登場した専門用語などについて学ぶことができます。

知識は力となります。

自分を信じて学び続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの暗号資産保護のエピソードをご覧ください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]