NFT初心者向けガイド

5 分
NFTガイド
重要なポイント:
— 非代替性トークン(NFT)は至るところに登場しています。 デジタルアーティストから、モデル、サッカー選手、ミュージシャンまで、誰もがこれらの暗号資産トークンを作成し、コミュニティでオークションを開催しています。
— NFTは、独自かつ希少な資産に関する情報を記録し、それらの資産の所有権を証明することができます。 これは、他の所有権記録と比較しても、特別な効力を持つものです。
— NFTに興味をお持ちの方のために、NFTに関する最新情報が入手できる包括的なリソースのリストをご用意しました。ぜひご活用ください。

NFTを始めたくても、何から始めれば良いのか分からない方も多いでしょう。 そこで、NFT初心者向けガイドを用意しましたので、ぜひお役立てください。

ブロックチェーンと暗号資産がもたらしうる可能性は、世界中の人々に驚き、インスピレーション、圧倒的なインパクトを与え続けています。 ピアツーピアの決済ネットワークから始まった暗号資産は、今日、さまざまな業界にその影響を及ぼしつつあります

そんな中、暗号資産の世界で最近大きなブームになっているのが、NFT(非代替性トークン)です。 Beepleのような有名アーティストや、NBANFLようなプロスポーツ団体も、この新しい暗号資産の波をすでに乗りこなしています。

NFTに参加し、このエキサイティングな技術について詳しく知りたい場合は、当社がまとめた包括的なリソースのリストをご活用ください。

NFTとは

Bitcoin(BTC)Ethereum(ETH)などの暗号資産トークンと、ドルやユーロなどのフィアット通貨は代替可能なトークンです。 ETHを他のETHと交換することも、100ドル札を他の100ドル札と交換することも可能です。

一方、非代替トークンまたはNFTは、固有もしくは希少なデジタル資産や、現実世界の資産の情報を表す暗号資産トークンです。 この情報は各NFTに保管され、1対1での互換性はありません。 またNFTは、他の暗号資産や法定通貨のように、さらに細かい単位に分割することもできません。

つまりNFTとは、希少または固有のものの情報や価値を表す、不可分の暗号資産ということです。 NFTSの概念をさらに深く理解したい場合は、School of BlockのNFTSのエピソード、または以下で紹介するリソースを参照してください。

NFTを深く理解する

NFTは急速に成長しており、NFTについて学び、その成長について行くためには、適切な人たちと適切な場所にいることが必要不可欠です。 以下に、最も信頼できる情報源、刺激的なキュレーター、信用できる確かなプロジェクトをリストアップしましたので、ぜひ情報収集の参考にしてください。※すべてを網羅しているわけではありません。予めご了承ください。

ウェブメディア

情報過多や誤った情報から身を守るには、どれが信頼できるウェブメディアのプラットフォームなのかを知る必要があります。 それらを情報源とすることで、NFTの最新動向をしっかりと把握することができます。

1. Decrypt – NFT RevolutionDecryptは暗号資産の大手メディアですが、NFTを愛するあまり、NFT Revolutionという専用のコーナーを設けています。 NFTのニュースからチュートリアルまで、NFT Revolutionはすべてが1カ所にまとめられています。

2. Larva Labs Androidブランドにも貢献した人気の高いクリエイティブ技術者らによって設立されたLarva Labsは、非常に有益なブログを公開しているNFTプロジェクトです。 ここは、最も興味深いNFTプロジェクトの最新情報を入手するのに最適な場所です。

3. ArtblocksArtblocksは、プログラマブルなオンデマンドNFTのためのプラットホームです。 NFTのアーティストとプロジェクトの厳選されたリストがあり、NFTの世界を肌で感じることができます。

ポッドキャスト

ポッドキャストがお好きな方は、最高のNFTポッドキャストを情報源にするのも良いでしょう。 以下に、Ledgerお気に入りのポッドキャストを紹介します。

1. Nifty Show ニューヨークタイムズのベストセラー作家Joel Comm氏と、マーケティングテクノロジストのTravis Wright氏が司会を務めるNifty Showは、毎週配信されるNFTのポッドキャストです。 この番組では、NFTやブロックチェーンゲームの分野で活躍する多くの重要人物を招き、NFTにまつわる謎を解き明かしてきました。

2. The Defiant Bloombergの元ニュースレポーター、Camila Russo氏によって設立されたThe DeFiantは、DeFiに関するあらゆる情報を提供する場所です。 ニュースレターNFTに特化したYouTubeプレイリストの他に、NFTに焦点を当てたThe Defiantのポッドキャストのエピソードが紹介されています。

3. Modern Finance:その名が示す通り、Modern Financeは金融業界の専門家とのブレインストーミングセッションを通じて、新時代における金融テクノロジーの可能性を紹介しています。 NFTの人気上昇に伴い、ポッドキャストの司会であるKevin Roseも、NFTに焦点を当てた新しいエピソードをいくつか投稿しています。

面白いアイデアを持つ人たち

暗号資産インフルエンサーは暗号資産コミュニティの重要な一員であり、エンターテイメントと有益な情報の両方を私たちに提供してくれます。 NFTに関する鋭いビジョンとキュレーションで人気のインフルエンサーの中でも、特にチェックすべき3人を以下でご紹介します。

1. Roham Gharegozlou:Roham Gharegozlou氏は、最も成功したNFT起業家の1人です。 Gharegozlou氏はNFT企業DapperLabsを設立し、NBA TopShotやCryptoKittiesなどの人気NFTゲームを手掛けてきました。 NFTに関するインサイトを得たいのなら、ぜひRohamをフォローしてください。

2. 6529は、Twitter上で最も影響力のあるNFT有識者のハンドルネームです。Bitcoin OGであるこの人物は、台頭しつつあるNFT空間と、それが社会にとって何を意味するかを深く考察し、暗号資産ファンやポップカルチャー信者の間でカルト的な支持を集めています。 6529 Museumとその教育プロジェクトをチェックして、この重要人物の頭の中を覗いてみましょう。

3. Zeneca氏は、ポーカープレーヤーからNFTディーラーに転身し、たった12ヶ月でゼロから数百万ドルのNFTコレクションを築き上げた人物です。 投資家でありコンテンツクリエイターでもある彼は、その深い洞察力を活かし、進化を続けるNFT空間に関するインサイトや各種データ、新たトレンドについて毎日ポッドキャストで発信しています。

3. SnowfroArtblocksの創設者であるErick氏、別名Snowfroは、NFT分野の立役者であり、NFT関連のコンテンツでフォローすべき優秀な人物です。

注目のアーティスト

最近では、NFTのアートや音楽が非常に人気を集めています。 ですから、NFT革命の先頭に立っているアーティストたちは当然フォローすべきでしょう。 以下は、チェックすべきアーティストのリストです。

1. Beeple – アメリカ人のアーティストであるBeeple(本名:Mike Winkelmann氏)はNFTブームの火付け役の1人であり、その結果、NFTは暗号資産ファンだけでなく一般の人々にも広く知られる存在になりました。 2021年には、クリスティーズオークションで彼の代表作「Everydays: the First 5000 Days」が、NFT史上最高額、美術品としても最高額クラスの6,935万米ドルという驚異的な価格で落札され、世界中で話題になりました。 作品を通じて社会的な主張を行う彼は、世界初のNFTアーティストではないかもしれませんが、彼の作品はNFTの爆発的な普及の時代精神を捉えています。

2.Fewocious: Fewociousは18歳のデジタルアーティストで、複数のデジタルアートをNFTとして販売しています。 このアーティストをフォローして、若き才能がアートを再定義していく姿を追いましょう。

3. 3lau:人気の電子音楽アーティストであるJustin Blau氏は、彼の最も人気のあるアルバムのNFTを最近リリースし、1,160万ドルを超える価格で販売しました。 彼の最新のNFT作品は、こちらのNFTページで確認することができます。

4. Pakは、アーティストなのか、それともAIを操るクリエイターチームなのか誰も知らない謎めいた存在です。分かりやすくたとえるならば、NFT世代のデジタルバンクシーといっても良いかもしれません。 PakのM.O.は、実験的なNFTアート、最近ではミステリアスなLost PoetsのようなNFTベースのプロジェクトを使い、参加者の価値観、現実、自身の認識を再定義しようとしています。 NFT空間の重要なアジェンダセッターとして、注目すべき存在です。

5. Mad Dog Jones:Mad Dog JonesことMichah Dowbak氏は、オンタリオ州を拠点とする独自なスタイルを持ったNFTアーティストです。最近、彼の作品は410万ドルという破格の値段で販売されました。

BeepleがNFTを6,900万ドルで販売 - The Verge
Beepleの「Everyday: the First 5000 Days」
画像引用元:The Verge

興味深いプロジェクト

1.RTFKT:長年、複数のゲーム企業やファッション企業のデザインを手がけてきたRTFKTは、2020年にNFTプロジェクトに転身しました。 このプロジェクトは、バイラルなスニーカーデザインやその他のデジタルコレクションで、デジタルファッション革命の先頭を走っています。

2.Bored Ape Yacht Club:猿が好きな人にはたまらない作品です。 Bored Ape Yacht Clubは、Ethereumブロックチェーン上に存在する、Bored Apeと呼ばれる10,000個の独自のデジタルコレクションの集合体です。 この猿を購入すると、メンバー限定の機能を解除することができます。

3. Meebits:Larva Labsが作成したMeebitsは、20,000体の独自の3Dキャラクターで構成されたCryptoPunkのようなコレクションです。 Meebitのキャラクターを購入すると、完全な3Dモデルにアクセスでき、それを使ってMeebitをアニメーション化することができます。

NFT初心者向けのガイド、自由への道標

NFTアートの人気の高まりは、デジタル化に向かうこの世界において、業界を超えた独占権や所有権の完全なる再定義のごく始まりに過ぎません。 NFTは、デジタル所有権の概念の再定義に必ず貢献することでしょう。今こそ参加すべきタイミングです!

知識は力となります。

自分を信じて学び続けましょう! 暗号資産とブロックチェーンを理解することに喜びを感じているのであれば、NFTで夢を実現する方法について、ぜひSchool of Blockのエピソードでチェックしてみてください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]