Bitcoinと暗号資産の簡単な歴史

読む 5 分
Bitcoinと暗号資産の歴史
重要なポイント:
— 暗号資産の歴史は短いものの、信じられないほど劇的に世界を変えた。
— Bitcoinは、2008年に暗号資産の世界を立ち上げると、世界を変革する産業に拍車をかける。
— EthereumとERC20の登場により、スマートコントラクトが誕生。
— DeFiの台頭が実現し、より多くの人々がアクセスできる驚くほど多様な分散型サービスへの道を切り開く。

10年前、最初の暗号資産としてBitcoinが登場しました。 この日以来、数多くのことが起こっています。歴史を振り返り、暗号資産が引き起こした重要な変化について学びましょう。

Bitcoinの歴史のスタート地点

デジタル通貨という発想は、今に始まったことではありません。 暗号資産の前にも多くの試みがありましたが、 それらが直面していたのが二重支払い問題でした。 暗号資産は、コピーして偽造することを防ぐため、何らかの方法で使用を一度のみにする必要があります。

暗号資産より10年以上も前に、コンピューターエンジニアのWei Dai氏によってそのコンセプトが紹介されていました。 1998年、Dai氏は「B-money」についての論文を発表しています。 それは、追跡不可能なデジタル匿名グループに沿って送れるデジタル通貨のアイディアについて議論するものでした。 同年、ブロックチェーンのパイオニアであるNick Szabo氏により、Bit Goldという名の別の試みが起案されました。 Bit Goldは、分散型のデジタル通貨を作ることも同様に検討するものでした。 Szabo氏の考えは、コインを作るために金属が必要である問題や、取引の成立に必要な信用を減らすなど、従来の金融システムの非効率性を解消するための原動力となりました。 どちらも正式に発売されることはありませんでしたが、Bitcoinのインスピレーションの一端を担いました。

最初の暗号資産、Bitcoinの誕生

サトシ・ナカモトは「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」というホワイトペーパーを発表し、世界初のピアツーピア分散型の通貨システム、Bitcoinブロックチェーンネットワークについて発表しました。 Bitcoinの歴史に残るこの日を境に、様々な出来事が起こりました。

その4ヵ月後、サトシ・ナカモトはその正体が今日まで謎のままBitcoinネットワークの最初のブロックをマイニングし、ブロックチェーン技術を事実上試験的に導入しました。 最初にマイニングされたブロックは、「ジェネシスブロック」とも呼ばれています。

記録上初めてBitcoinで商品が購入されたのは、Laszlo Hanyeczが1万BTCでピザを2枚購入した時でした。 この日は、現在「Bitcoinピザデー」として記念日となっています。 Ledgerでは、ピザデーを限定版のLedger Nano Sで祝福しました。

暗号資産市場の始まり

最初の暗号資産としてBitcoinが誕生した後、それを取引するためのソリューションを見つける必要がありました。 2010年3月、bitcoinmarket.com(現在は廃止済み)という名前で、最初の暗号資産取引所が登場しました。 同年7月にはMt.Goxも登場。

2011年から2013年にかけ、Bitcoinは2月に米ドルと同価値に達することができました。 2013年5月までに、Litecoinを含むライバルとなる10の暗号資産が暗号資産市場に登場しました。 また、8月には暗号資産XRP(Ripple)が追加されました。

Mt.Goxの悲劇

Bitcoinの価値が高まるにつれ、ハッキング被害も発生しています。 2011年6月、Mt.Goxが初めてハッキングを受け、当時約3万ドルの価値があった2,000BTCが盗まれました。

Mt.Goxは、2013年に最大の暗号資産取引所となり、ピーク時には全Bitcoinトランザクションの70%を取り扱うまでになりました。

2014年にMt.Goxは、最初の大規模な暗号資産取引所のハッキング被害に遭い、85万BTCを盗まれる自体となりました。 Bitcoin史上最大のBTCの盗難となり、被害額は当時の価格で460,000,000ドル(現在の評価額は約95億ドル)に及びました。

この未曾有の事態の後、Bitcoinの価格は50%も急落し、2016年後半まで回復することはありませんでした。 暗号資産取引所のハッキングは、その後も絶え間なく続いていますが、Mt.Goxのような規模の被害はほとんどありません。

EthereumとERC-20トークンの導入。

2015年7月30日、Ethereumのネットワークが開始されました。 現在、2番目の時価総額を誇る暗号資産であり、暗号資産の世界にスマートコントラクトと分散型金融をもたらしました。 これにより、Ethereumのブロックチェーンは独自のネイティブ通貨であるEther(ETH)をホストしながら、そのブロックチェーン上でエコシステム全体を稼働させることができます。 Etherの最小単位は、Wei(0.000,000,000,000,001ETH)です。 2番目に大きな暗号資産であるEthereumの詳細は、こちらの解説記事をご覧ください。

独自の専用ブロックチェーンを持たず、他の暗号資産のブロックチェーンを利用する暗号資産はトークンと呼ばれます。 Ethereumネットワーク上にあるものは、ERC-20トークンと呼ばれています。 これは、2015年に発売された史上初のERCトークンです。 この暗号資産はAugurと名付けられました。 その日以来、Ethereumのブロックチェーン上でおびただしい数のトークンが生まれました。 現在、20万を超えるERCトークンが存在し、単一のブロックチェーン上で巨大な暗号資産エコシステムが稼働していることを意味します。

今後

暗号資産業界は変化し続けています。 2018年1月にはBitcoinが史上最高値を記録し、その後もEOS(2017年7月)、Tron(2017年9月)、Cardano(2017年10月)など、多くの新しい暗号資産が参加しました。 暗号資産市場には、2000種類以上のデジタル通貨が存在し、現在も拡大を続けています。

今後暗号資産がゆっくりと、しかし確実に世界的なものになりつつあることは容易に想像できるでしょう。 暗号資産の人気上昇により、受け入れる人や場所、用途もますます増えています。 現在では、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の創設も進んでおり、大手企業はブロックチェーンと暗号資産にますます関心を示し、投資を行っています。 これらを踏まえて、市場は急速に拡大すると予想されます。

暗号資産も同様に、重要性と存在感が増すにつれて人気を集め続けています。 Bitcoin ATMの数は増え続けており、暗号資産を支払い方法として受け入れる店も増加。資金調達の一形態として利用されています。何より、暗号資産で世界一周旅行をすることも可能なのです

暗号資産の価格の急速な上昇と全く同じように、これらも急速なペースで拡大しています。 3年前のBTCの価格は、1000米ドルを下回っていたことを忘れないでください!

人気を増すDeFiの世界

暗号資産の世界では、「自分自身の銀行になる」ことができます。つまり、暗号資産を管理しているのは自分だけであり、安全性を保つのも自分だけです。

Ledgerでは、暗号資産へのアクセスをオフラインに保ち、ハッカーの手が届かない安全なソリューションを提供します。これにより、貴重な暗号資産を保護することが可能です。

知識は力となります。

学び続けましょう! 暗号資産やブロックチェーンについての詳細は、School of Blockやその他コイン/トークンの紹介動画をご覧ください。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]