背景:Binance Smart Chain (BSC)

5月 25, 2022
5 分
初級
bsc
重要なポイント:
— Binance Smart Chain(BSC)は、Ethereumと互換性のあるブロックチェーンで、同じスマートコントラクト機能をより安価なトランザクション手数料で提供。
— BSCの最大のメリットは、中央集権的でありながら、ユーザーは超高速でトランザクションを実行できること。
— BSCでは、そのグローバルな展開と手厚いアクセラレータファンド、使いやすさが評価され、2021年1月以降、ユーザー数が飛躍的に上昇。

DeFiの世界に足を踏み入れ、Binance Smart Chainとは何なのかに関心がありますか? 私たちにお任せください。BSCについてご説明します。

ブロックチェーンは、DeFiの心臓部です。 つまり、それがなければ分散型金融もその関連アプリケーションも存在しないということです。 Fox Studiosも、ブロックチェーン上で完全にキュレーションされた史上初のアニメシリーズを立ち上げると発表

Binance Smart Chain(BSC)は、ガス代の安さとトランザクションの速さでユーザーを魅了する、新しいブロックチェーンプロトコルです。 しかし、BSCをよりよく理解するためにブロックチェーンとは何かを確認してみましょう。

ブロックチェーンをわかりやすく説明

ブロックチェーンは、分散型P2Pネットワークでトランザクションを記録する、改ざん不可能な共有デジタル台帳です。 私たちは日常的に、台帳に囲まれて生活しています。 例えば、私たちのスマートフォンに搭載されているモバイルバンキングアプリは台帳の一種と言えます。 決定的な違いは、私たちのモバイルバンキングアプリの資金を誰か(中央当局)が管理していることです。

分散化は、デジタル通貨で最も重要な概念であるブロックチェーンの骨組みとなります。 透明性や不変性、信頼性のある取引という、経済的自由を構成するいくつかの要素を提供します。 ブロックチェーンネットワークが分散型でない場合、ブロックチェーンではなく単なるデータベースと解釈される可能性がありますか? それを管理する立場にある人は、いつでも簡単に変えることができます。

さらに、ネットワーク上で資産が取引されると、そのトランザクションは恒久的に記録されます。 これによりブロックチェーンは改ざんができなくなり、不正な行為を激減させることができます。 遠い国の誰かにデビットカードを不正使用されたり、カードを止められるなどということはありません。

Binance Smart Chain(BSC)とは?

Binanceが、独自のブロックチェーン「Binance Chain」を立ち上げた2019年4月に遡りましょう。 目指したのは、大量のトランザクションに対応できる高速なブロックチェーンの構築です。 これを実現するため、Binance Chainの開発チームは複数のアプリをサポートしないことを選択し、主なアプリであるBinance DEXにのみ注力することを決定しました。

一方、Ethereum上のDeFiは盛況で、BinanceはEthereumと同様、その勢いについて行くためにスマートコントラクトの機能が必要であることを認識。 そのコードはあらかじめ設定された条件を満たしたときに、実行されます。 これは、貸し借りやその他の分散型金融活動の基礎を築くものです。

そこで、Binanceに話を戻します。 この時点で、これらの機能をすべてBinance Chainに直接追加してネットワークを停滞させるリスクを冒す代わりに、Binance Smart Chain(BSC)を立ち上げることを決定したのです。 Ethereumに対抗することを目的としたBinanceブロックチェーン。

BSC:何が違うのか?

Binanceは、Ethereumに代わるコストパフォーマンスの高い代替手段を確立するためには、時間が重要であると考えました。そして、独自のスマートコントラクトを一から構築するという時間のかかる作業を省略し、独自のPoA(proof of authority)プロトコルを実装しました。

事実、BSCは特定のPoAコンセンサスアルゴリズムであるPoSA(Proof of Staked Authority)が使用されています。このプロトコルでは、トランザクションを確認するバリデーターが21人のみで構成されます。 そのため、BSCは他のプラットフォームに比べてより中央集中型であると言えます。

興味深いのは、BSCがEthereumと互換性を持つようにプラットフォームを設計していることにあります。 つまり、Ethereumのモデルを使いながら、アプリの実行やスマートコントラクトの実行が可能で、ユーザーにはEthereumのガス代の数分の1しか請求しません。

BSCは、集中型ネットワークとして、Ethereumに代わる待望の安価な代替手段を提供します。 また、トランザクションの高速化も実現。 ネットワークは、Binanceのトークン(BNB)によって管理され、ユーザーはネットワーク手数料の支払いに必要です。 BNBは、現在1トークンあたり400ドル弱の価値があり、採用率を知ることができます。

BSCを使うべきか?

DeFiを使っている人に、EthereumとBSCのどちらが好きか聞いてみると、意外な答えが返ってくるでしょう。 BSCは、中央集中型の存在であるBinanceとDeFi全般に大きなメリットをもたらしています。

超高速の通信速度、1セントという安価なトランザクション手数料、dAppの作成、数百万人のユーザーとのネットワークなど、ユーザーにとって魅力的なメリットが揃っており、実に多くの人がBSCを選択しています。

また、BSCがPancakeSwapを運営していることも忘れてはいけません。これは、ネットワークのメインDEXであり、DeFiで最も評価の高いDEXの1つです。

長所や短所を理解するには、詳しく比較したリストを確認するのが一番かもしれません。 詳しく見てみましょう。

Binance Smart Chainは、DeFiを初めて利用するユーザーや、主にEthereumよりも安価な選択肢を探しているユーザーに実用的なソリューションを提供するものです。 これは、暗号資産ユーザーがブロックチェーンを完全に捨てているということではありません。 むしろ、BSCは統計のみでの用途を証明した信頼できるエコシステムであるといえるでしょう。

報道発表時点では、新しいウォレットアドレスの1日の増加数は約40万件で、ユニークアドレスの総数は7400万件を超えています。 これは、ネットワークが猛烈なスピードで成長していることを証明するのに十分な数字です。

考えたいこと

何百万人もの暗号資産マニアが、分散化の概念を軽視しているかというと、そうではありません。 しかし、ブロックチェーンはファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)と同義であったはずですよね? BSCは、分散型ではないもののEthereumでは高額なトランザクション手数料のために実現できなかった発展途上国への働きかけを実現します。

それに対し、BSCのユーザーは長い目で見て何を犠牲にしているのでしょうか? もちろん、分散化です。 セキュリティも 問題になるかもしれません。 中央集中型の機関であるBinanceに、信頼を置かざるを得ない点はどうでしょうか?

BSCや他の多くのネットワークが日々登場していることは、ユーザーが分散化に対して高いプレミアム料金を支払うことを望んでいない実態を浮き彫りにしています。 一方、もしEthereumがなかったら、これらのネットワークは存在しなかったのでしょうか?

知識は力となります。今後も学び続けましょう。 暗号資産やブロックチェーンの理解を深めるために、School of Blockの動画を参照してください。 暗号資産で不労所得を得る3つの方法


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]

ニュースレターを購読

新しいコインやブログアップデート情報、限定オファーを直接受け取ることができます。