NFTの大物アーティストと歴史的コレクション

読む 8 分
重要なポイント:
— NFTの世界ではデジタルおよび従来のクリエイターやコレクターにとって大規模な売り上げと大きな芸術的魅力があり、話題となっている。 これにより新しいアートが生まれつつあるかもしれませんが、それは必ずしも新しいアーティストとは限りません。
— NFTの空間にいるアーティストの中には、数十年の経験やハイエンドなパフォーマーとの仕事、著名人とのコラボレーションなど素晴らしい経歴の持ち主も含まれる。
— NFTに注目するコレクターが増えるほど、ブロックチェーンを活用して作品を制作・販売するアーティストの増加が期待できる。
— NFTの世界を先取りするために、NFTの大物アーティストを紹介。

2021年、NFTはブロックチェーンでアート界に旋風を巻き起こしました。 このブームを牽引するキーパーソンとは?なぜこのようなことが起きているのでしょうか? ここでは、NFTの大物アーティストをご紹介します。

NFTの空間では、これまでと異なるアプローチでアートを楽しむことができます。 ブロックチェーンに対応したエコシステムにより、NFTは文化的な動きを作り出し、コミュニティを構築して人々を惹き付けています。 NFTの空間は、他とは異なり、業界の権威から分離して高度に関わり合い、分散型のコミュニティによって駆動。アーティストに勢いを与える大きな役割を担っています。

ハードルが高いと感じるかもしれませんが、その空間をつくっている土台(つまりアーティスト)を知ることで、 本当のNFTを感じ取り、何がそのコミュニティを動かしているのかを知ることができます。 この記事では、NFTの人気ギャラリーを見ながら、特にNFT市場でトップクラスの価値を持つ10人のアーティストを探っていきます(順不同)。

Pak

このアーティスト抜きでNFTは語れません。 匿名のPakは、暗号資産の世界のアーティストとして知られていますが、それ以上に新しいテクノロジーを通じて私たちの認識に常に挑戦しようとする、実験的なイノベーターでもあります。 その正体は謎に包まれており、Pakのデジタルアーティストの歴史的背景も不明です。 わかっていることは少ないものの、スタジオ「Undream」とAIビジュアルメディアキュレーター「Archillect」が背後にいることだけは確かです。PakはNFT空間に出現してアートを成功させた、最も革新的で興味深いアーティストとなりました。

Pakの魅力とは?

Pakが卓越している点は、アートの特殊性です。例えば、作品の販売方法自体がアートの一部となっています。 「The Title」というコレクションは、9つの同一作品から構成され、それぞれ題名と価格という2つの違いしかありませんでした。 全く同じ作品が異なる価格で販売されたのです。 Pakはこのように、価値という概念で遊び、アートが単なるアート以上のものであることを私たちに突きつけました。 影響力や文化、コミュニティ、および業界を表しており、正しく行われればそれ自体を売り込むことができるのです。 そして、さまざまなメカニックによる斬新な方法を取り入れ、一貫して成功させてきました。 その作品は、人々がアートやアーティストにまつわる誇大広告に騙される方法を解き明かす、奇妙で素晴らしい手法といえるでしょう。アートとは何か、そしてコレクションがいかにアート以上のものを表現できるかという発見を、魅力的なパッケージとしてまとめています。

Pakの最も有名なコレクションは、4月にサザビーズとのコラボレーションで発表されました。 これは、PakがTwitterでサザビーズにギフトを提供したいと呼びかけたことが発端でした。

謎めいたメッセージは、サザビーズにとっても未知数のものでした。 その結果、「The Fungible」 と名付けられた3日間のオークションで1700万ドルという巨額の金額が落札されたのです。

パックのアートと価値に対する挑戦は、Lost Poetsコレクションでさらに強まりました。 白紙のページのようなものを販売したPakのLost Poetsは0.32ETHで取引され、その額は週末で2倍になり、全体で7000万ドルの売上につながりました。 Lost Poetsの美は、ミントされたときだけページがアートで埋め尽くされることにあります。 また、Pakは最も多くページを購入した人に追加のアートも与えました。 これは、潜在的な作品に信頼を寄せてくれた人々へのねぎらいともいえるもので、コレクターを喜ばせました。

最新作のThe Mergeは、一般販売が終了したばかりで、その背景はPakらしく一風変わっています。 希少性の高いコレクションは、作品のためのトークン大量購入をコレクターへ促し、大量購入するたびに作品が自動的に加算(または「マージ」)されるコンセプトを採用。 大量に所有すればするほど、NFTも視覚的に大きくなります。 まるでパズルのように、コレクターがより多くのピースに投資すればするほど、より大きな絵を得ることができます。 このシリーズの大成功(約1億ドルの売上)により、Pakは現在最も価値のあるアートクリエイターとなりました。

The Switch、Pak

Beeple

マイク・ウィンケルマン、別名Beepleは、映画やAR/VR作品で動きやモーションの要素を投入しながらデジタルアートワークを手がけるデザイナーとして、グラフィックの世界で豊富な経験を積んでいます。 ジャスティン・ビーバーやワンダイレクション、ケイティ・ペリー、ニッキー・ミナージュ、エミネム、ゼッド、デッドマウスなど、有名アーティストのコンサートビジュアルを手がけた経歴を誇っています。

Beepleは、グラフィック業界の「everyday」ムーブメントの一人で、過去10年間、毎日作品を発表し続けています

Beepleの作品

BeepleのNFTの代表作であるEverydays – The First 5000 Daysは、これまで制作してきた作品をコラージュで表現したものでした。 毎日 かかさず 制作されてきた 作品です。 この作品は、クリスティーズのオークションで6900万ドルという驚異的な価格で落札。現在最も価値のあるアーティスト3人のうちの1人となりました。

最近では、BeepleのHuman Oneがクリスティーズのオークションで2900万ドルで落札されています。 金額を聞くだけでも驚愕ですが、注目すべきは価格だけではありません。この作品は、NFTのアートがいかに相乗効果を持ち、ダイナミックなものであるかにおいて、先例を示すものでもあります。 Human Oneには、宇宙飛行士がガラスの箱の中を歩き回り、場所や時間、世界や地域の出来事によって変化するデジタルプログラムされたディストピアの舞台が映し出されます。 展開に合わせ、Beepleは背景を全く別の設定にプログラムし直すことができます。 そのため、作品と観客の間にほとんど絶え間ないコミュニケーションの可能性が生まれるのです。 買い手は、ただNFTを購入しただけに留まりません。 むしろ、これまでにない方法でアーティストとつながることのできる作品を購入したと言えるでしょう。

XCOPY

Pakと同じく、XCOPYの作品を支えているアーティストが誰なのかは不明です。 ロンドンを拠点に活動するこの匿名アーティストは、デジタルアートにディストピア的なスタイルを取り入れ、歪んだ視覚的ループを用いてダークなテーマを探求してきました。 XCOPYは、SuperRareプラットフォームローンチ時に掲載された作品で、暗号資産空間の象徴的存在、そして暗号資産アート空間における元祖ともいえる存在となりました。

XCopyの2部構成のアイコンスタイル

XCOPYの作品をXCOPYたらしめているのは、採用されているモーションの具体的なスタイルにあります。 イラスト自体はラフでトレードマークのような味わいがあり、ディストピアというテーマを強調しながら、それをアニメーションで表現。生き生きとした作品に仕上がっています。 XCOPYの作品は、デジタルアートにダイナミズムを加え、その点滅するピクセルがアートの進むべき道を描いていると言えるでしょう。

現在、XCOPYの作品は$53,699,755.65で評価され、 A Coin for the Ferrymanは$5,659,695.30という高値で取引されています。

XCOPYの作品

Fewocious

FEWOCiOUS(ヴィクター・ラングロワ)は、17歳という若さで初めての作品を売り出しました。その作品は、複雑な生い立ちとアイデンティティとの戦いからインスパイアされています。 アートはFEWOCiOUSが安全を感じる聖域であり、その作品の中心となっているのは彼の感情です。 FEWOCiOUSは、逆境を乗り越えて成功するストーリーを表現しており、アートはその魅力を引き出す重要な要素の一つとなっています。

作品をミントする前に、最も高く売れた作品は90ドルでした(豆知識:NFTとして作品を売るように助言したのはコレクターだった)。 最初にミントしたNFTは、1500ドルの値が付きました。 その数日後、最初の売り上げから作品の価値は10倍以上にまで成長を遂げ、

現在18歳のFEWOCiOUSの作品は、NFTアーティストの中でも3番目の売り上げを誇っています。

若いアーティストの熱意と天才の巨大な可能性を秘めたFEWOCiOUSは、将来美術学校で教材となるような存在になるかもしれません。

クリスティーズをクラッシュさせた創造性

その作品「The Everlasting Beautiful」は驚きの55万ドルで落札され、2021年6月に販売された新シリーズには入札が殺到し、クリスティーズのサイトをクラッシュさせるほどの人気を博しました。

FEWOCiOUS
画像引用元:Fewocious.com

「Hello, I’m Victor (FEWOCiOUS) and This Is My Life」と名付けられたコレクションは、クリスティーズのオークションで200万ドルという驚愕の価格で落札されました。 補完的な絵画と未公開の落書きや日記を含んだ5つのユニークNFTは、FEWOCiOUSの芸術と感情の旅を表現しているものであり、14歳から18歳までに制作した作品を組み込んでいます。

Fewociousは、最近RTFKT(デジタルファッションに大きな波紋を投げかける次世代スニーカー)とのコラボレーションにより、NFTで素晴らしい成功を収めています。

Refik Anadol

データを絵の具として使い、人工知能に補助された筆で描く。

これはRefikのTedトークの冒頭のセリフで、テクノロジーの進化した現代における自分のアートについて語ったものです。

Refikの作品は、Blade Runnerの未来的な建築と風景にインスピレーションを受けたことが感じ取れます。 人工知能と連携して作品を制作するだけでなく、建築家、データサイエンティスト、神経科学者、ミュージシャンなどとチームを組み、創造性とコラボレーションの未来はどうあるべきかを探っていることが特徴です。 データを用いながら、物理的世界と仮想的世界を融合させた芸術的革新の美学を表現するアートを制作しています。

Anadolの作品

Refikのコレクション「Machine Hallucinations」は、サザビーズのために制作されたNASAとのコラボレーション作品であり、 世界中の宇宙機関が記録した200万枚以上の生画像を、AIデータで作成した絵画6点、AR彫刻1点、NFTの部屋全体にブレンドしたコレクションです。 NFTルームは没入型技術によって、アートを全く新しい水準に引き上げ、作品に命を吹き込み、作品を私たちの生活に取り込みます。アートや空間、テクノロジーのすべてを、一つの素晴らしい場所で体験することができるのです。

Refik Anadolのデータ彫刻:Melting Memories
Refik Anadol:Melting Memories
trendland.com

Hackatao

「ウェブコミュニティの中で生まれ、空間や時間がもはや存在しない、地理にとらわれない場所、クリエイターが匿名のまま、そのアートだけを審査される場所、そしてその審査員は、もはや階層によって選ばれた一握りの専門家ではない場所。」

アーティストデュオであるHackataoのバイオグラフィにはこのように書いてあります。 「Hack」は表面的なものではなく、より深い層を探索し発見すること、「Tao」は陰と陽を意味することから、この名前が付けられました。 この2つの要素が芸術的なダイナミズムを象徴しています。

Hackataoは2007年に結成し、さまざまなメディアを駆使して作品を制作しています。 2018年にはブロックチェーン上に作品を保管するようになり、ブロックチェーンを活用したアートシーンに積極的に関わることで暗号資産のアート界で急速に存在感を増しています。

Hackataoの作品

Hackataoの活動は、生き物を模した小型の陶器製トーテムに描画を施した「Podmorks」の制作から始まりました。 その後のNFTでの作品でも、Podmorksは模様と色が織り成すコラージュでした。 2018年には暗号資産アートの世界に参入し、最初のNFTであるGirl Next doorを発表しました。 この作品はアニメーションGIFで、強烈に現代的なスタイルと挑戦的なコメントで伝統芸術に大胆に勝負をかけています。

Nifty Gateway
Hackatao
画像提供 Nifty Gateway

この作品は、NFTのミントから2年後となる昨年、20,503ドル(当時38ETH)で取引されました。 最初の売却でHackataoが手に入れたのは、207ドル(当時は0.423ETH)でした。 これは9804%以上もの増加です。Hacktaoのアートは、デジタル世界の要素を持ちながら、新しいキャラクターや音楽の要素や専門知識が組み合わされ、大きな人気を博しています。

Mad Dog Jones

Michah Dowbak、もしくはMad Dog Jonesは、2017年にInstagramを拠点にアーティスト活動を開始し、わずか2、3年で大量のフォロワーを獲得しました。Mad Dogのグラフィックスタイルは、サイバーパンクや日本のアニメに深く影響を受けており、アジアの大都市を舞台としたディストピアSFのシーンを描いています。 このサイバーパンクのスタイルは、ニール・スティーブンソンのスノウ・クラッシュで描かれたメタバースの世界に非常に合致するものとなっています。 そのアートスタイルは、デジタルの世界がもたらす新たな可能性にアプローチすることで最大限に広がっていくでしょう。

従来の方法でアート市場に参入するのは、もはや考えられません。 インターネットが世界を広げた今、それは時代遅れでしょう。私の身近にあるツールはインターネットなのですから。」

Mad Dog Jonesのコラボレーションと名声

手描き、または写真をレンダリングしてイラスト化したスタイルは爆発的な人気を博し、マルーン5、ディーゼル、Run The Jewels、Jabbawockeez、Chromeo、Conor McGregor、デッドマウスなどに作品を提供しています。

この160万ドルのNFTは自己複製して何百ものNFTになる可能性がある - Decrypt
MadDog Jones Replicator
画像提供: decrypt.co

今年初め、Mad Dog Jonesの「REPLICATOR」はフィリップスのオークションで410万ドルで落札されました。 この作品は当時のNFTの中で最大の売上を記録しただけでなく、フィリップスが出品した最初のNFT作品でもあり、Mad Dogとフィリップスの両方がこの分野での先駆者として歴史に名を残しました。

Coldie

Warren Buffetをデジタルディストーションで表現した3Dレンダリング画像で見てみたい? 可能とするのは、Coldie以外にいないでしょう。

Coldie 3D クリプトアート | NFT | ステレオスコピック3Dレンチキュラー
画像提供: Colide3D.com

Coldieの作品は大規模な美術展、暗号資産カンファレンス、ライブオークションなどで特集されています。 肖像画を歪曲したような特殊なスタイルが特徴です。

ウォーレン・バフェットとバンドをミックス

おもしろい豆知識をお伝えしましょう。 Coldieは、自分の作品をブロックチェーンに載せてネットオークションに出品した最初のアーティストの一人であり、NFTのパイオニア的存在です。 作品の最低価格は、36ETH(約4,275ドル)で、Decentral Eyesコレクションは有名なウォーレン・バフェットをテーマとしたものでした。 「Undead」コレクションでColdieは4人組のバンド「Bauhaus」とコラボし、クリプトアートとゴスロックの両シーンに波及しています。

これが未来。 それが今なのです。」- Bauhaus

​​ColdieのアートとBauhausの音楽という2つの才能が組み合わさった3D NFTは、他にないドラマチックなアート表現のコレクションとなりました。 サブカルチャーやアート、音楽がすべて融合しています。 その実験的な姿勢が人々を惹き付け、業界でも大成功を収めています。

Trevor Jones

Trevor Jonesは絵を描き、 アニメーションも作ります。 作品はその両方を融合させたものです。 30代でうつ病を発症してから、自ら「償い」として美術学校に通うようになり、長年、創作活動と他の仕事を数多くこなしながら生活してきました。 XCOPYと同様にJonesのスタイルの多くは、ダイナミックでアニメーション的な要素が特徴で、革新的なアート界で水を得た魚のように積極的に活動しています。過去のコレクションの絵画にはQRコードが組み込まれていたなど、メディアの境界を越えようとする姿勢は、NFTに完璧にマッチしていると言えるでしょう。 NFTアートの世界に足を踏み入れたことを、Jonesは「クレイジーなサクセスストーリー」と表現しています。

Trevor Jonesの作品の強気な価格設定

Jonesの作品は、SuperRareでの平均販売額が最も高く(平均5,300ドル強)、最初のNFTはこのプラットフォームで10,000ドル超で購入されました。 これまでで最も高い評価を得たThe Bitcoin Bullのアニメーションは、Nifty Gatewayで55,555.55ドルという驚異的な価格で購入されています。

It's absolute chaos': Inside the wild, multi-million pound NFT world - ThePressFree
thepressfree.com

NFTでのJonesの最初の作品は、ARを使用して、スコットランド国立肖像画美術館の絵画を暗号資産のアイコンに変換することでした。

「スコットランド国立肖像画美術館が何というのかは想像もつきません。まだ私のしたことを言っていないので…」

原画を傷つけずにデジタルで作品を生み出すというこの動きは波紋を呼び、Jonesの名前をたちまち有名にしました。

それ以来、JonesはクリプトアーティストのPakとコラボレーションしています。 コラボレーション作品では、匿名アーティストPakの先進的なミニマリズムとJonesの伝統的な表現力豊かなスタイルが組み合わされています。 相反する2つの芸術の融合が見事に成功した共同作品です。

最近Jonesは、ラッパーで映画監督のアイスキューブとチームを組み、7ヶ月に及ぶクリエイティブプロジェクトに取り組んでいます。 コレクションは、さまざまなテーマやスタイル、コンセプトを探求し、実験を続ける2人のクリエイティブな才能を結集したものとなっています。 絵画、音楽、アニメーション、デジタルイノベーションなどのメディアを融合させています。

FVCKRENDER

レストランの仕事の空き時間にアート活動を開始したFrederic DuquetteことFVCKRENDERは、NFTの大物アーティストの仲間入りを果たしました。 2016年に自転車事故で怪我をしたFVCKRENDERは、独学で3Dアートソフトの使い方を習得しました。 1日に最低1枚は制作することを自分に課し、独自のスタイルを作り上げ、現在の人気につながっていったのです。

イラストアートが人気のモントリオール在住FVCKRENDERの最大の目的のひとつは、デジタルアートの可能性を広げることにあります。 進化し続けるそのアートは、結晶のような配置や超現実的な風景を特徴とし、超未来的な風味を持つダイナミックなコンポジションを革新的に使用しています。

FVCKRENDERのコラボレーションとコレクションがChristie’s(クリスティーズ)に登場

ケイティ・ペリー、リル・ナスX、レブロン・ジェームズ、プーマ、Spotify、Instagram、シュプリームなどのブランドなどのビッグネームに作品を提供しているFVCKRENDER。 今の最大の問題は、コラボレーションを断ることだと冗談めかして言う彼に、信じられないようなコラボレーションが舞い降りることとなりました。

NFTでの最大のコラボレーションのひとつである、ZeddとGabe Damastとの作品です。 コレクション「ANTIPODE」はアートと音楽を融合させ、ビジュアルよりもオーディオを優先するアプローチ、そしてその正反対のアプローチで制作されました。

CryptoArt

「ANTIPODEとは、何かと正反対のものという意味で、2つの作品は同じ宇宙に生きながら全く逆となっていることをイメージしたものです。」– Zedd

FVCKRENDERの作品は、美術品オークションハウスがクリプトアートの領域に足を踏み入れ始めた頃、クリスティーズやサザビーズでも取り扱われました。5月には、サザビーズでSHIFT//が107,100ドルで落札されました。

NFTとアート:急激な人気上昇の裏にある巨大な意味とは

NFTの世界で刺激的なのは、NFTが急速に注目を集め、アーティストが暗号資産やブロックチェーンファンから加速度的に支持を得ていることにあります。

この進化し続ける空間の中で、すでに道を切り開いている大物NFTアーティストの後に続き、あなたも自分の夢を追いかけてみましょう。

非常にインタラクティブで関心がそそられるNFT空間は、参加する人々の好奇心に報いてくれる場所でもあります。 ひとつだけ言えることは、柔軟な感性と頭でこの広大な世界を探索し、アーティストとアートの両方に関わってみるべきだということです。 ここで紹介したことは、デジタルクリエイティブの世界の氷山の一角に過ぎず、発見すればするほどさらに探求したくなることでしょう。

知識は力となります。


お問い合わせ

お知らせはブログからご確認いただけます。 メディア関連の連絡先:
[email protected]