新着:Coincoverの提供するLedger Recoverを使用して、簡単にウォレットを復元しましょう

利用開始

半減期の意味

2024年Mar13日 | アップデート 2024年Mar13日
暗号資産の半減期とは、ビットコインなどの特定の暗号資産で発生するイベントで、新規コインの発行率を低下させ、希少性を維持します。

暗号資産における半減期とは?

デジタル通貨の世界で半減期とは、新しいコインの流通を規制することを目的とした独自のプロセスを表すために使用される用語です。 簡単にまとめると、半減期はブロックの検証に成功したマイナーに与えられる報酬が半分になる、スケジュールされたイベントを指します。 この慣行は、議題に挙がっている暗号資産が最大供給量に達するまで、新しいトークンが段階的かつ安定的にリリースされるよう設計されています。

ビットコインの場合、新しいコインはマイニングと呼ばれるプロセスの一部として生成されます。 これには新しいブロックの検証が含まれ、マイナーは新しく作成されたBTCの形で報酬を受け取ります。

ブロック報酬を段階的に削減するために、半減は21万ブロックごと、つまりおよそ4年ごとに行われ、結果として50%削減されます。 ブロック報酬は当初50BTCに設定されていましたが、2012年には25BTC、2016年には12.5BTC、そして2020年には6.25BTCに減額されました。

32回の半減期を経て、最大供給量の2100万BTCに達し、新しいビットコインの作成プロセスが終了します。

ビットコイン半減期が起こる理由とは?

ビットコインマイニングでは、暗号アルゴリズム、処理能力、プルーフ・オブ・ワークコンセンサス(合意)メカニズムを使用して、複雑な数学的問題を解決し、同ネットワーク内の新しいトランザクションを検証します。 この取り組みに対して、ビットコインブロックチェーンは、マイナーに新しい暗号資産コインまたはブロック報酬を与えます。

ビットコインのマイニングアルゴリズムは、およそ10分ごとに新しいブロックを検索するように設計されています。 より多くのマイナーがネットワークに参加し、より多くの計算能力を追加すると、新しいブロックを見つけるのに必要な時間が短縮されるのです。 10分のブロック時間目標を維持するために、マイニングの難易度が調整されます。

供給量は2100万単位に限られており、上限数に達すると新しいBTCの生成は停止されます。 半減期イベントは生成されるBTCの数を徐々に減らすために発生されるものです。 これによりビットコインの希少性と価値が高まり、貴重なデジタル通貨としての地位が強化されます。

ビットコイン半減期カウントダウン2024

半減期イベントは、ブロック番号840000で開催され、2024年4月中旬の予定です。 以前のイベントと同様に、マイニング報酬はさらに50%削減され、ブロックあたり6.25BTCから3.125BTCになります。 これにより、約1,312,500BTCがマイニングされることになります。

イニシャルDEXオファリング(IDO)

イニシャルDEXオファリング(IDO)は、ブロックチェーンプロジェクトが分散型取引所(DEX)を通じてネイティブコインやトークンをリリースできるようにする、クラウドファンディング手法です。

定義

ロックされた預かり資産(Total Value Locked:TVL)

ロックされた預かり資産 (Total value locked:TVL) は、プロトコルでステーキングまたはロックされている資産の合計を指す指標です。

定義

ノンカストディアルウォレット

ノンカストディアルウォレット(セルフカストディアルウォレット)は、暗号資産ウォレットです。公開鍵と秘密鍵を自分の手で完全に管理することが可能なため、暗号資産ウォレットと資産も完全な形で管理することができるようになります。

定義